漆黒のガイスト予約受付中!
漆黒のガイストをAmazonで予約する

双壁のファイター 収録カードリストと評価

カードリスト
スポンサーリンク

双壁のファイター商品情報

発売日

2021/03/19

双壁のファイターを予約

ガラルサンダーV(評価:A)

相手のポケモンVの数だけワザの無色エネが少なくなります。

特にクロバットVを並べるムゲンダイナVMAXに対して強力です。

ガラルファイヤーV(評価:A-)

トラッシュからエネを自身につけることができます。ガラルファイヤーVMAXが登場するのであれば進化元としては優秀かもしれません。

マニューラGXと組み合わせるのも良いでしょう。

ガラルフリーザーV(評価:B-)

特性は手札を2枚捨てて1枚ドロー。チラチーノの特性やりくりのような特性を持っていますが、こちらは進化を必要としない分、特性を使うとアド損になってしまいます。

パッチラゴンVMAX(評価:C)

ワザ「ダイインパクト」はかなりのエネルギーを必要とするため、基本的にはマルマインやパルスワンVなどでエネ加速するか、トリプル加速エネルギーを使いましょう。

基本的にはトラップスパークを使って戦うポケモン。ジャイアントボムをもたせるとワザの60ダメージ+ワザの効果で120ダメージ+ジャイアントボムの100ダメージでちょうど三神を倒すことができます。

使うならモミとあわせて回復させるとよいでしょう。

○ 評価点

・可愛い。

× 欠点

・上ワザは相手依存、下ワザは必要エネが多い。

・ボスの司令やあなぬけのヒモに弱い。

パッチラゴンV(評価:B-)

ワザ「たいこのくちばし」は妨害手段としてかなり優秀です。

パッチラゴンVMAXの進化前としては十分な性能を持っています。

状況によっては進化せずマウンテンスイングの180ダメージでデデンネGXやクロバットVを倒すのも十分あり。

バシャーモVMAX(評価:B)

○ 評価点

・貴重なトラッシュに落ちたれんげきエネルギー回収手段。

・ザシアンVに弱点をつきながらエネ加速ができる。

・れんげきエネルギーで動くことができる。

× 欠点

・VMAXに進化する必要がある。

バシャーモV

○ 評価点

・バシャーモVMAXよりも高いダメージを出すことができる。

× 欠点

・バシャーモVMAXと違いワザを使うためにれんげきエネルギーのほかに炎エネルギーが必要。

ガラルヤドキングVMAX

与えるダメージは少ないですが、毒のダメージにより実質130ダメージとなります。

また、いちげきエネルギーによる威力アップも狙えます。

ガラルヤドキングV

序盤はちょうこうによるドロー、後半ははめつのひとことによる気絶狙いが重宝するポケモンです。

とはいえちょうごうによるワザのドローよりベンチから安全にガラルヤドキングVMAXに進化するほうが安全。

スピアー・コクーン・ビードル(評価:B-)

○ 評価点

・特殊エネがついているならVMAXすら一撃で倒すことが可能。

× 欠点

・ビードルが場にいるとスピアーを警戒され相手は特殊エネルギーをつけないことが予想される。

・2進化であるため奇襲が難しい。

ヘラクロス

ドレディア

ウルガモス(評価:C)

非ルールで170ダメージは悪くないダメージ量です。VMAXを2回で倒すことができます。

デメリットとしてエネをトラッシュしてしまいますが、現在のポケモンカードはHP130のポケモンが次のターンに生き残っていることは稀なのでそれほど気にならないでしょう。

三神ザシアンがいなければもっと評価されてたかもしれませんが、三神がいなくなるころには溶接工が使えなくなり、このポケモンに必要なエネも多くなります。

溶接工がいなくなったあとの炎は今の雷タイプのように冬の時代が来るのでしょうか?と考えてしまう一枚です。

ドククラゲ

デリバード(評価:B+)

ワザ「とどけもの」はデリバードとついているエネルギーをデッキに送り、その後好きなカードを1枚手札に加えるという効果です。

また、水エネルギーを必要とせずツインエネルギーでワザが使えます。

このポケモンのポイントはデッキを擬似的に増やすことができる点です。デッキを増やすということは山札切れのターンを先延ばしすることができるということです。

その間に相手を妨害したり、デッキ破壊を狙うなどといったコントロール系のデッキで活躍する可能性があります。

○ 評価点

・高いコントロールデッキ適性をもつ。

× 欠点

・現状、めぼしい使いみちは見つかっていない。

サメハダー

インテレオン・ジメレオン・メッソン

ランターン

ボルトロス(評価:C)

サンダーマウンテン◇が亡き今、貴重なエネ加速手段です(ボルトロスにエネを使う必要はありますが)。

おまけの30ダメージも確定数をずらすことができてお得。

とはいえ三神が環境トップであり、アルティメットレイで倒されサイドが2枚とられることを考えるとやや採用しづらいカードです。

単純なエネ加速手段ならパルスワンVもおり、こちらはデッキからエネ加速ができます。

ココロモリ(評価:D)

ワザ「シンクロムーバー」は手札が同じ枚数なら110ダメージになります。

条件を満たすことがかなり厳しい上に、ワザのダメージが微妙。さらに1進化に低HPと使うには愛が必要なカードです。

使うのであればマリィを使うと調整しやすいかもしれません。

ペロリーム

ブリムオン

ダグトリオ(評価:C+)

れんげきエネルギーで動くことができるポケモン。

れんげきポケモンの中では最大ダメージは高いため、ロマン狙いで採用するのはアリ。

とはいえ進化前のディグダも採用しないといけないことやコイントスの不安定さを考えるとやや採用は難しいかもしれません。

ガラルネギガナイト(評価:C+)

くろおび+ツインエネルギーで160ダメージを出すことができます。

ムゲンダイナVMAXなど闘弱点の相手に有利に戦えます。

また、イチゲキポケモンなのでいちげきエネルギーで火力を上げることができます。

× 欠点

・1進化なのでガラルカモネギを採用する必要がある。

・どうぐを持たせる必要がある。

ギガイアス

ガラルデスバーン(評価:C)

うらみのせきばんはユニークな特性で、例えばVMAXから270ダメージをくらうとそのまま270ダメージ分のダメカンを相手にのせることができます。

最大の欠点は「VMAX」限定なこと。Vポケモンのダメージを跳ね返せない点がとても惜しいポケモンです。

ナゲツケサル(評価:A)

今までの連撃ウーラオスVMAXはVMAX相手に出せるダメージが150止まりで、VMAXを2回の攻撃で倒すことができませんでした。

しかしこのナゲツケサルを使うことによって180×2のダメージを与えVMAXを倒すことができるようになります。

ただしダメージアップの条件は相手のベンチのポケモンに対して。バトル場のポケモンには与えるダメージが増えない点に注意。

また複数ナゲツケサルをベンチに出しても効果は重複しません。

今回収録のザングースとの相性も抜群です。

○ 評価点

・貴重な連撃デッキの火力アップを狙えるポケモン。

・ワタシラガVやデデンネGX、クロバットVをれんげきウーラオスVMAXで倒すことができる。

× 欠点

・特性による+30ダメージはベンチポケモンかつV・GXポケモンのみ。

・お目当てのポケモンが相手のバトル場にいる場合あなぬけのヒモやボスの司令などでベンチに送らないといけない。

ウーラオス・ダクマ

ハブネーク(評価:C+)

ウーラオスの弱点をついてくるドラパルトVMAXを一撃で倒すことができる、イチゲキカードです。

ただし悪エネが2枚必要な上に、イチゲキサポートはシバやカリン、マスタードなどウーラオスVMAXにとってはかなり微妙なカードが多いので今のところは使いづらいカードです。

○ 評価点

・ドラパルトに弱点をつくことができる。

× 欠点

・ウーラオスVMAXで使うなら悪エネ(いちげきエネルギー)を調達するのが大変。

・いちげきサポートが微妙。

ミカルゲ(評価:A+)

無エネでデッキを選ばず使えるワザ「もうじゃのさけび」がマッドパーティデッキに対してあまりにも強力です。

マッドパーティやミュウツー&ミュウGXデッキはトラッシュにマッドパーティポケモンやGXポケモンをがんばって貯めてワザの威力を上げていくデッキですが、何ターンもかけて行った準備を一気になかったものにすることができます。

さらにマッドパーティデッキはHPが低いポケモンが多いため一気に逆転を狙うことが可能です。

あまりにも対マッドパーティ・ミュウツー&ミュウGXに尖っていますが、いちげきウーラオスデッキのようなマッドパーティやミュウツー&ミュウGXが苦手なデッキに1枚でも採用すると十分活躍するでしょう。

○ 評価点

・マッドパーティやミュウツー&ミュウGXデッキ相手にワザを使えば勝利に近づく。

× 欠点

・汎用性は低い。

ペンドラー(評価:C)

相手のポケモンが毒状態なら220ダメージと非ルールポケモンの中ではかなり高いダメージを出すことができます。

しかし要求エネが多いので後続を準備することが少し大変です。

ズルズキン

ザングース(評価:B+)

倒されてもサイドが1枚しかとられない非ルールのポケモンでは破格のワザを持っています。

しかもれんげきサポートはコルニの気合とれんげきカードをサーチできるオクタンがいるため、ハブネークと違いれんげきサポート+ザングースの組み合わせを揃えることはそれほど難しくありません。

要求エネは多いので、バシャーモVMAXなどでエネ加速をするとよいでしょう。

× 欠点

・2エネ分のれんげきエネルギーに加えてさらに1エネを付ける必要がある。

シェイミ(評価:B)

ワザ「おんがえし」で序盤の手札を稼ぎつつダメージを与え、役割を終えるとワザ「スカイリターン」で手札に戻すことができます。

そのまま手札に戻ったシェイミをクイックボールなどの手札コストにできるのも良いですね。

シェイミが手札に戻ったあとはリーリエのピッピにんぎょうをバトル場に出すと良いでしょう。

無色なのでどのデッキにも採用できる点や、倒されたときにサイドが1枚(三神相手では2枚)と、とられるサイドは少ない点を生かしながら戦いましょう。

○ 評価点

・何かと器用かつ便利な動きができる。

× 欠点

・ワザを使う必要がある。

・HPが低い。

ムーランド

ウォーグル(評価:D)

どのデッキでも使える無タイプのポケモンですが、どちらのワザも進化前を採用し、1進化して使うほどの価値があるわけではない微妙なポケモンです。

ダイ木の丘(評価:B+)

いやしジャマーが効かないモミ+アーマーガアのコンボを封じることができます。

同じく回復を封じるいやしジャマーミミッキュと違いこちらはスタジアムなため、差別化は容易です。

ただしスタジアムは相手がスタジアムを手札から出すとこちらのスタジアムがトラッシュされること、混沌のうねりなどで対策されることを考えるといやしジャマーミミッキュのほうが妨害として確実性はあります。

一方で、グズマ&ハラでサーチできたり、ベンチの枠を埋めなくて済むというスタジアムならではのメリットも。採用するかはデッキと相談しましょう。

ガラルのむねあて(評価:D)

現時点では対応しているポケモンが少なく、大きなおまもりのほうが多くのポケモンにつけることができて汎用性があります。

今後ガラルポケモンのVMAXが登場すれば評価が上がるかもしれません。

やまびこホーン(評価:S)

環境を変える可能性がかなり高いグッズです。

グレートキャッチャーと併用することでトラッシュに落ちているデデンネGXを無理やり倒しサイドを2枚獲得することが可能。

今でも十分強い、三神ザシアンVをさらに強化させるグッズです。

そもそもこのカードの登場によりデデンネGXの採用率落ちる可能性があります。

おむかえちょうちん

クララ(評価:B)

ふつうのつりざおと似たような効果ですが、こちらは山札ではなく手札に戻すというもの。

ソード・シールドレギュレーションにおいてかなり貴重な直接手札にトラッシュのポケモンを回収する手段です。

ベンチバリアミュウのようなデッキに1枚しか採用しないポケモンを使いまわしたり、基本エネを回収して息切れを防ぐことができます。

一方でトラッシュにカードがあまりない序盤ではあまり活躍しない点に注意。よほど特殊なデッキでない限り採用しても1~2枚が良いでしょう。

良くも悪くもオンリーワンな性能をしているため、SRカードは持っていて損のないカードになりそうです。

× 欠点

・非ルールで採用したいサポートですが、ツインエネルギーは回収できない点に注意。

セイボリー(評価:C)

かなり怪しい性能をしていますが、今のところはベンチをフルに揃えたムゲンダイナVMAX相手に使う以外の使いみちはありません。

サカキの追放を相手に使う権利をプレゼントしているようなもので、普通のデッキで使うと相手はベンチのデデンネGXやクロバットVを喜んで処理することになるでしょう。

しかし、使用しても3枚ドローとサポートとしては最低限の役割は果たしている点、(山札トラッシュ効果がないとはいえ)禁止カードのジュジュベ&ハチクマンと同じ相手のベンチを3枚に絞る効果を持っている点は油断できません。

そもそも相手のポケモンを攻撃しないコントロールデッキで採用される可能性が今後の開拓次第ではあります。

カリンの信念(評価:C)

サイドの数でダメージが増えるサポートカードです。

オコリザルなどの非ルールいちげきデッキで採用されるかも?

○ 評価点

・最大+100ダメージ。奇襲を仕掛けることができる。

× 欠点

・いちげきポケモン限定。

トウキ

双壁のファイター予約情報

タイトルとURLをコピーしました