イオルブVMAXの評価と使い方を徹底解説!

仰天のボルテッカー
スポンサーリンク

イオルブVMAXのカード評価

評価
6.5/ 10点

イオルブVMAXはだいたいこんなカード

  • VMAXポケモンにしては珍しい特性持ちのポケモン。
  • バトル場にいるとき限定ではあるがダメカンを1つずつ乗せることができる。
  • ワザは相手のエネルギーを参照するため安定しない。

イオルブVMAXの進化元

イオルブV

イオルブVMAXと相性のいいカード

バリヤード

特性「かいしゅうふうじ」で回収ネットなどで非GXポケモンの回収を防ぐことができる。
イオルブVMAXを採用しているならぜひ採用したい。

Uターンボード

イオルブVMAXはバトル場に出る→特性を使う→ベンチに引っ込むという動きを使う機会が多い。
逃げるエネルギーが1のためUターンボードで逃げることができる。
他にもポケモンいれかえを多めに採用するのもいいだろう。

ターフスタジアム

イオルブVMAXを安定してサーチすることができる。

ヤミラミV

ヤミラミVのワザ「マッドネイル」はダメカンが乗っていれば乗っているほど与えるダメージの威力が上がる。
エネルギーはかみ合わないため、イオルブVMAXのワザを使わずに特性だけ使うと良いだろう。

デンリュウV

デンリュウVのワザ「ダメージスパーク」は相手のポケモンにダメカンが乗っている必要がある。
そこでイオルブVMAXの特性によりダメカンを乗せることでデンリュウVのダメージスパークの追加効果が狙いやすくなる。
ヤミラミVと同じくエネが噛み合わないため、草エネルギーを採用しないで特性のみを目的とした採用となるだろう。

ガブリアス&ギラティナGX

ダメカンが乗っていると大ダメージを与えることができる。
イオルブVMAXで場を荒らしてからカラミティエッジで仕留めていくデッキもアリ。

イオルブVMAX解説

ムゲンダイナVMAX・カジリガメVMAXに続く特性持ちのVMAXポケモン。

バトル場にいるとき限定ではあるが、ポケモン全員にダメカン1つ(=10ダメージ)を乗せることができる。

ワザの威力は相手依存でありやや不安なところがある。特に少ないエネで大ダメージを与える「ムゲンダイナVMAX」や、ベンチのエネがついていない「デデンネGX」などを倒すのは難しい。

メインで運用するには難しいポケモンであり、特性を使ったサブ運用となるだろう。

ワザの威力は相手依存でありやや不安なところがあるが、特性が便利なため、デンリュウVのようなダメカンが乗っていることを条件としたワザの発動のトリガーやダメカンばらまきデッキの大型ポケモンとして活躍が期待できる。

イオルブVMAXをバトル場に出し特性を使った上でベンチに戻しデンリュウVで攻撃するといった運用も考えられる。

逃げるエネルギーも1エネで使いやすい。

欠点はVMAXポケモンであるためサイドを3枚とられることと、進化前のイオルブVを採用しないといけないところ。デッキの枠をとってしまう点には注意したい。

また特性とワザが噛み合っていなく、ちぐはぐなカードである。特性がそのままワザに生かされるかというとそうでもない。

イオルブVMAX収録仰天のボルテッカーカードリスト

「仰天のボルテッカー」(ピカチュウVMAX)収録カードリスト
ポケモンカード2020年9月18日発売の新拡張パック「仰天のボルテッカー」カードリストを評価・解説つきで紹介。
タイトルとURLをコピーしました