ピカチュウVMAXが主役!?予約復活!
仰天のボルテッカーを駿河屋で20%OFFで予約

ジラーチ(ゆめのおつげ)の評価と使い方を解説!アメイジングレアはアメイジングな性能!?

伝説の鼓動
スポンサーリンク

ジラーチのカード評価

評価
8.0/ 10点

ジラーチはだいたいこんなカード

  • バトル場にいる必要があるが、手札を増やすことができる。
  • 「伝説の鼓動」発売時点ではねがいぼしジラーチとゆめのおつげジラーチの両方が使える。
  • どちらも同じ「ジラーチ」なためデッキに4枚しか採用できない。デッキによって使い分けよう。
  • ねがいぼしジラーチは海外ではスタン落ちしている。ねがいぼしジラーチがスタン落ちした後はデッキの必須カードとして活躍するだろう。
  • とはいえアメイジングレアは封入率が低く今後高額カードとなる可能性がある。安いうちに購入しておこう。
  • ワザもロマン効果のように見えるがデッキ構築によっては使える。

ジラーチ(ゆめのおつげ)のカードテキスト

HP 70 鋼タイプ たねポケモン

特性 ゆめのおつげ
このポケモンがバトル場にいるなら、自分の番に1回使える。自分の山札を上から2枚見て、どちらか1枚を選び、手札に加える。残りのカードは、山札の上にもどす。

超闘鋼 アメイジングスター
自分の山札から基本エネルギーを7枚まで選び、自分のポケモンに好きなようにつける。そして山札を切る。

弱点抵抗力にげる
炎×2草-30

ジラーチと他のカードとの比較

ヤレユータン(さるぢえ)視点で比較

  • 手札をいれかえることはできるが手札を増やすことができない。
  • バトル場にいる必要がない(ベンチでも発動できる)。
ジラーチ(ねがいぼし)視点で比較

  • ねむり状態になる。
  • その代わり見ることができる枚数が5枚とねがいぼしジラーチのほうが目当てのグッズを獲得しやすい。

ジラーチ(ゆめのおつげ)解説

このカードを採用する上で避けられないのはねがいぼしジラーチの存在だろう。

ねがいぼしジラーチとの違いはグッズ以外も(エネルギーなど)手札に加えることができること。

またねがいぼしジラーチと違い、ねむり状態にならないためエネルギーで逃げることもできればUターンボード・ふうせんで逃げることができる。

ねがいぼしジラーチと違い回収ネットを使う必要がないのは大きい。

その代わり見ることができる枚数が5枚とねがいぼしジラーチのほうが目当てのグッズを獲得しやすい。

グッズの採用枚数が多いデッキではねがいぼしジラーチが優先されるか。

デッキの2枚のうち1枚を戻すことができるため、エネルギーをデッキの上に固定させる確率を上げることができる。

セキタンザンVMAXのふんかだんの確率を上げることもできる。

しかしながら、シャッフルをせずに1枚戻すと言うのは基本的にデメリットである。

複数枚のジラーチを同じ番に使う際に新しく見ることができるカードは1枚のみとなってしまう。

ワザによる大量エネ加速!

アメイジングレアは多色のエネルギーを必要とするが、強力なワザを持つ。こちらのジラーチも例外ではない。

超闘鋼 アメイジングスター
自分の山札から基本エネルギーを7枚まで選び、自分のポケモンに好きなようにつける。そして山札を切る。

一見、エネが3色と使いにくそうに見えるが現実的に使えなくもないラインである。

特にくろおびを使うことで一気にワザが使いやすくなる。

ただし、いくらエネルギーを7枚加速できるとはいえ倒されやすいジラーチに3エネをつけるのは相応のリスクも伴う。

特に闘タイプはエネ加速手段に乏しいわりに要求エネルギーが多いものが多く、ワザを狙う価値はあるか。

ジラーチ(ねがいぼし)スタン落ち後の活躍

海外ポケモンカードではTeam Up(タッグボルト)以前のカードが2020年秋以降使えなくなることが発表された。

海外ポケカがスタン落ち(レギュ落ち)を発表 Team Up以前のカードが使用不可に
すべてのチャンピオンシップシリーズシーズンの初めに、ポケモンオーガナイズドプレイは、健全な競争環境を...

よってねがいぼしジラーチが日本でも使えなくなる可能性が高い。

対戦開始時に場に出しやすく、デッキを安定させるねがいぼしジラーチの代用カードとして十分な性能があるので、ねがいぼしジラーチスタン落ち後は人気が出るだろう。

ジラーチ(ゆめのおつげ)の欠点

キュウコンVにワザをとられる

超闘鋼 アメイジングスター
自分の山札から基本エネルギーを7枚まで選び、自分のポケモンに好きなようにつける。そして山札を切る。

強力なワザだが、相手のキュウコンVにコピーされるという重大な欠陥を抱えている。

溶接工+手貼りで使えるきゅうびへんげでお気軽に使われてしまう。

キュウコンVからエネがついていればいるほど強くなるマルヤクデVMAXに加速されると目も当てられない。

さすがにボスの指令と溶接工の両方を使われることはほぼないため、炎デッキ相手にはジラーチをバトル場に放置しないようにしよう。

特性はシャッフルしない

また特性でシャッフルしない点も欠点と言えなくもない。

ゆめのおつげジラーチは選ばなかった方の不要カードは山札の上に残ってしまう。よって複数枚のジラーチを連続使用するのが効果が薄い。

しかし、ある意味デッキトップ固定に使えるとも言えるため一概に欠点とは言えない。

ゆめのおつげジラーチ収録 伝説の鼓動カードリスト

「伝説の鼓動」収録カードリストと評価
ポケモンカード強化拡張パック「伝説の鼓動」の収録カードを評価つきで掲載しています。
タイトルとURLをコピーしました