ストーン闘エネルギーの使い方と評価 相性のいいカードを解説

伝説の鼓動
スポンサーリンク

ストーン闘エネルギーのカード評価

評価
7.5/ 10点

ストーン闘エネルギーはだいたいこんなカード

  • 耐久力に優れる闘ポケモンの実質HPを上げることができる。もともと耐久力が高いドサイドンVなどと相性がいい。
  • 最大の欠点は格闘道場に対応していないところ。その他にも欠点がある。
  • HPが低い非GX/Vたねポケモンよりも闘V・VMAXポケモンに向いている。

ストーン闘エネルギーと相性のいいカード

ドサイドンV

もともとHPが高いのでストーン闘エネルギーをつけることができればタッグチームポケモンに迫る耐久を獲得できる。
タフネスマントと組み合わせるとムゲンダイナVMAXの攻撃すら耐えることができるようになる。

タイレーツV

並べるとドサイドンV以上の耐久力を持つ。
こちらもストーン闘エネルギーとタフネスマントでムゲンダイナVMAXの攻撃を耐えることが可能になる。

レジロックV

ワザ「レイジングハンマー」はダメカンが乗っていればいるほどワザの威力が上がる。
しかしレジロックのHPでは一撃でやられてしまうことも多く、あまり使うことができないワザだった。
ストーン闘エネルギーとタフネスマントで相手の攻撃を耐えてがんせきタックルよりも威力の高いレイジングハンマーで反撃できるようになった。

ストーン闘エネルギー解説

闘ポケモン専用の特殊エネルギーは相手のダメージを-20し耐久を上げる効果。

闘ポケモンはドサイドンVなど耐久力に優れたポケモンや耐久がもう一声ほしいタイレーツV、ダメカンをのっていれば威力があがるワザをもつレジロックVなどと相性が良い。

一方でHPが高いジガルデのような例外はいるものの、もともとHPが低い非GX/Vポケモンの耐久をあげたところで意味がないことも多い。

そのため採用する場合はHPが高いV・VMAXポケモンを中心としたデッキになるだろう。

ストーン闘エネルギーの欠点

最大の欠点は特殊エネルギーであるため強力なスタジアムである格闘道場には対応しないところ。格闘道場を使う場合は基本闘エネルギーと併用したい。

ストーン闘エネルギー収録 伝説の鼓動カードリスト

強化拡張パック「伝説の鼓動」収録カードリストと評価
2020年7月10日発売の伝説の鼓動の収録カードを評価つきで掲載しています。
タイトルとURLをコピーしました