パルスワンV・ピカゼクデッキ CL熊本準優勝レシピ

VMAXライジング
スポンサーリンク

あとだしハンマー採用型 シティリーグ熊本準優勝 パルスワンV・ピカチュウ&ゼクロムGXデッキ

パルスワンVピカゼクデッキレシピ

スタジアム (1)
サンダーマウンテン◇1枚
エネルギー (11)
基本雷エネルギー11枚

公式で編集可能なデッキレシピはこちら

パルスワンVが加わったピカゼクデッキ!

ピカチュウ&ゼクロムGXは圧倒的な安定感とコケコ◇やサンダーマウンテン◇などが揃ったときの強化版タッグボルトGX、後1フルドライブといった上ブレの両方を備えた強力デッキだ。

VMAXライジングではミュウツー&ミュウGX・ピカゼク・三神ザシアンがトップに君臨している。

ピカゼクはパルスワンVの加入によりVMAXライジングではさらに安定感が増した。

ワザ「そうでん」が優秀で、仮にピカゼクなどが後攻1ターン目からワザが使えなくてもパルスワンVのそうでんを使って次のターンの準備ができる。

たとえばカプ・コケコ◇がサイド落ちしエネ加速がなかなかできないときにピカチュウ&ゼクロムGXのワザ「フルドライブ」やパチリスのワザ「すりすりはつでん」が使えない時などの代替ワザとして利用することが考えられる。

今まではコケコ◇がサイド落ちしたときはゼラオラGXのGXワザで仕方なくエネ加速をしていたが、エネ加速のためにGXワザを必要とする点が欠点だった。

パルスワンVのそうでんは通常ワザであり、GXワザを使う必要がなくなったのは大きい。

なお、カプ・コケコ◇がサイド落ちする確率はおよそ10%であり、10戦すると1回は落ちることとなる。

確率を考慮すると大型大会でのパルスワンVの採用は非常に合理的かつ有用で、今後もパルスワンVを採用したピカゼクデッキが多く使われることとなるだろう。

あとだしハンマーの採用

このデッキの見逃せない特徴はあとだしハンマーを採用しているところだ。このカードは後攻1ターン目と非常に限られたタイミングでしか使えないカード。

しかしピカチュウ&ゼクロムGXデッキはデンジを採用しているため、確実にあとだしハンマーを決めることができる。

エネをひとつつけた三神の対策になるほか、ミラーマッチ(同じデッキでの対決。今回の場合ピカチュウ&ゼクロムGXデッキ同士の対決となる)でも有用

 

ポケカの環境デッキ一覧はこちら

ポケカ環境デッキ 最強デッキランキングとTier一覧
現在は三神ザシアン・超ミュウツー・ピカチュウ&ゼクロムGXが安定性、爆発力ともに優れており、三強状態...
タイトルとURLをコピーしました