三神ミカルゲデッキレシピ シティリーグ春日部ベスト4

デッキレシピ
スポンサーリンク

うらみだめミカルゲ・アルセウス&ディアルガ&パルキアGXデッキ

三神ミカルゲデッキレシピ

編集可能なデッキレシピはこちら

ミカルゲが三神のGXワザでパワーアップ!

ミカルゲの特性「うらみため」で自らダメカンをのせながらアタッカーとして戦う非GXメインのデッキ。悪1エネルギーでありながら最大で160ダメージを叩き出すことができる。

ルージュラ

ミカルゲを一気に場に展開し、ルージュラの特性「あやしいこしつき」でバトル場でワザを使うミカルゲにルージュラでダメカンを乗せる。

ミカルゲと相性のいいハッスルベルト

ハッスルベルトはほぼミカルゲ系のデッキでしか見られないグッズ。ミカルゲの乗っているダメカン次第では220ダメージまで叩き出すことができる。こだわりハチマキと違い相手がGXポケモンでなくてもダメージを上げることができ、かつダメージ増加量もこだわりハチマキより圧倒的に多い。

ここまでは今までのミカルゲデッキであったが、切り札が新たに加入した。

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX

もともとミカルゲを主力としたデッキはいくつか存在していたが、三神ことアルセウス&ディアルガ&パルキアGXの登場によりミカルゲの打点がさらに上がるようになった。

タッグコール、グズマ&ハラなどと噛み合いがよく、ミカルゲがタッグチームをも一撃で倒しかねない火力を獲得した。

グズマ&ハラの登場によりデッキのエンジンであるレインボーエネルギーをサーチすることができるようになった。

レインボーエネルギーでダメカンをさらに乗せながらミカルゲで攻撃する動きが安定するようになった。グズマ&ハラはタッグコールに対応しているためアルセウス&ディアルガ&パルキアGXと相性も抜群。

その他、グズマ&ハラの存在もあり特殊エネルギーが多く、かなり使い手の腕が必要な上級者向けの構築となっている。

ミカルゲデッキが環境で活躍するようになった背景

ミカルゲが活躍した背景には相棒であるアルセウス&ディアルガ&パルキアGXの獲得……だけではなく、様々な要因が考えられる。

オーロット&ヨノワールGX使用率の増加

メインアタッカーのミカルゲが悪タイプなためタッグオールスターズ環境で流行したオーロット&ヨノワールGXに弱点をつき、強く出ることができる。

ウルトラネクロズマGXの使用者の減少

また、ミカルゲはダメカンを乗せ、さらにミカルゲ自身のHPが高くない。そのためウルトラネクロズマGXの「めつぼうのひかりGX」で一気に蹴散らされかねない。

ウルトラネクロズマGXは弱いデッキでは決してない。しかし環境の多様化にともない、SMレギュレーション環境後期になるにつれてウルトラネクロズマGXを使うプレイヤーは減少。そのためミカルゲにとっても動きやすい環境となった。

三神ミカルゲはSMレギュレーションを代表するデッキであるといえるだろう。

イベルタルGXミカルゲブラッキーデッキレシピ

イベルタルGX採用型ミカルゲブラッキー!大会優勝デッキレシピを解説
ミカルゲブラッキーデッキ 【大会結果】 #ポケカ 本日開催のジムバトル 全勝のたけるんさん...
タイトルとURLをコピーしました