ザシアンVザマゼンタV始動!ポケモンカードV予約開始
20% OFFでポケモンカードVシリーズを予約する

ウルトラネクロズマGX-環境の最前線に立ち続けなお君臨する最強クラスのドラゴン-

タッグオールスターズ
スポンサーリンク

ポケモンカードVでもスタン落ちしない「ウルネク」解説

たとえウルトラシャイニー以降からジムバトル(ポケカ大会)に出ていたとしても、高確率であなたはこのポケモンを見たことが一度はあるはずだ。

強力なタッグチームを一撃で倒すことができる高火力アタッカーとして重宝されているウルトラネクロズマGXは形を微妙に変えながらも常に最前線に立ち続ける強力なGXポケモンだ。

ウルトラネクロズマGXのカードテキスト

HP 190 タイプ ドラゴン

ワザ 超鋼フォトンゲイザー20+
このポケモンについている基本エネルギーをすべてトラッシュし、その枚数×80ダメージ追加。

GXワザ 超鋼めつぼうのひかりGX
このワザは、おたがいのサイドの残り枚数の合計が、6枚以下のときにしか使えない。相手のポケモン全員に、それぞれダメカンを6個のせる。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

特別なルール
ポケモンGXがきぜつしたとき、相手はサイドを2枚とる。

弱点抵抗力にげる
フェアリー×2無無

ウルトラネクロズマGXの恵まれたサポート

ギラマネロ+トキワの森

カラマネロ+ギラティナのデッキを基本に、トキワの森や基本鋼エネルギーとともに採用される。

ミステリートレジャー

ドラゴンタイプなのでミステリートレジャーをカラマネロたちと共有することができる。

フォトンゲイザーは打点倍率はズガドーンGXをも上回るが、超エネルギーを全てトラッシュする必要があるため打点の調整が難しい。

よほど例外がなければウルトラネクロズマGXはカラマネロと組まされ、また削り役兼メインアタッカーとしてギラティナが採用される。

メイ・ビーストリング

基本的にエネルギー加速手段はカラマネロが使われるが、タッグチームを一撃で倒していくにはイカだけでは足りないため、ビーストリングも使われることがある。

メイを使用すればビーストリングとウルトラネクロズマGXと基本鋼エネルギーを持ってくることも可能。

ポケカにおいてビーストリングが強力な3つの理由
ビーストリング ウルトラビーストを使うメリットは?とポケモンカードプレイヤーに聞くと、おそらく真っ...

ジラーチ

カラマネロのサイコリチャージはバトル場のポケモンにつける必要があるためジラーチと組み合わせられることが多い。

他にも相性のいいカードとしてジラーチが挙げられる。不確定な要素こそあるものの、デッキのトキワの森も引っ張ってくることができるため基本鋼エネルギーとウルトラネクロズマGXの相性は抜群に良い。

めつぼうのひかりGXが強力!

GXワザ 超鋼めつぼうのひかりGX
このワザは、おたがいのサイドの残り枚数の合計が、6枚以下のときにしか使えない。相手のポケモン全員に、それぞれダメカンを6個のせる。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

めつぼうのひかりGXは多くの低HPポケモンを中心にしたデッキに強く出ることができる。

たとえばロストマーチやほっぺすりすりデッキなどがそれにあたる。

ほっぺすりすりデッキレシピと解説!(レシゼク型・純ほっぺすりすり型)
今回はほっぺすりすりデッキの解説です!ほっぺすりすりデッキは優勝しているデッ...

また、ギラティナの特性「やぶれたとびら」でダメカンをあらかじめのせることでめつぼうのひかりGXで倒せる範囲を増やすことが可能。

フォトンゲイザーに目がいきそうなポケモンだが、GXワザは最強クラスのポケモンである。ただしめつぼうのひかりGXには発動条件があり、常に使えるわけではない。

ウルトラネクロズマGXデッキ同士の対決では、めつぼうのひかりGXによりカウンターで相手のカラマネロを一気に倒すことができる状況が発生することもある。

ウルトラネクロズマGXデッキを相手にするときは常に自分と相手の両方のサイドを意識したい。

ウルトラネクロズマGX収録タッグオールスターズ

ハイクラスパック 「タッグオールスターズ」収録カードリストと評価
ポケカハイクラスパック「タッグオールスターズ」商品概要 「タッグオールスターズ」という名の通り、レ...
タイトルとURLをコピーしました