ザシアンVザマゼンタV始動!ポケモンカードV予約開始
20% OFFでポケモンカードVシリーズを予約する

【エクストラ】ウルネクダスト(ラボネク)優勝デッキレシピと解説

エクストラ
スポンサーリンク

エクストラの日優勝サイレントラボ・ウルトラネクロズマ・ダストダスデッキ

ウルネクダストデッキレシピ

編集可能なデッキレシピはこちら

ラボネク(ウルネクダスト)とは

特性「ウルトラバースト」をもつウルトラネクロズマはスタンでは重いデメリット特性と2エネルギーが必要という重さから基本的につかわれない。

しかしエクストラではダストダス・サイレントラボの組み合わせにより1つのエネルギーカードで170打点を後一から毎ターン出していくことができる(しかもエネルギーを破壊する追加効果がある)超強力カードになる。

エクストラで使える「ダブルドラゴンエネルギー」が強力

スタンでは超と鋼の2枚のエネルギーを貼るかカウンターエネルギーを貼る必要があり最初のターンから殴って行くことが難しい。しかし、エクストラレギュではダブルドラゴンエネルギーがあり貼ればすぐに攻撃に移ることができる。

サイレントラボ・ダストダスで特性を消して攻撃!

スタンでウルネクの特性を消せるのはアローラベトベトンくらいであるがエクストラレギュではもっと簡単に特性を消すことができる。

サイレントラボ

貼るだけでたねポケモンの特性を消せるスタジアム。先述したダブルドラゴンエネルギーとセットでグズマハラで持ってこれるため、グズマハラが引けたら1枚で殴る準備が完了する手軽さがある。

特性を消すためリセットホールマーシャドーで破壊ができないのも強み。

ダストダス(ダストオキシン)

ポケモンの道具がついているならばおたがいの場・手札・トラッシュのカードに書かれている特性を消せるポケモン。

相手の進化ポケモンの特性も消すことが出来る。

基本的には軽石を持たせて逃げエネ0要員も兼ねることが多い。

基本的にはサイレントラボとダストダスの2枚を絶やさずに戦っていくことになる。相手の特性も消せるため相手の展開も大幅に妨害できる。

ラボネクとよく組み合わせられる他のカード

どくさいみんこうせん/炸裂バルーン

エクストラの環境トップのゾロアークデッキに対してはハチマキを持たせてもワンパンできず、こちらは向こうからワンパンされてしまう。

ゾロアーク以外でも例えばタッグチームなどはワンパンできない。

しかしどくさいみんこうせんや炸裂バルーンを合わせることでワンパンができるようになる。

改造ハンマー/フレア団のしたっぱ

エネルギーを割る追加効果と合わせることで大量にエネルギーを割り妨害ができる。天敵のワンダーエネルギーも破壊することが出来る。

ポケモンレンジャー

ポケモンレンジャーは三神(アルセウス&ディアルガ&パルキアGX)のGXワザを消すことができる。

ウルネクダストは非GX・EXデッキなためオルタージェネシスGXに弱いが、ポケモンレンジャーを採用することで完全に追加効果を消すことができる。

しかも序盤にハイパーボールなどのコストにしとけば序盤から終盤好きなタイミングでサーチャーで使える。

ポケカ・エクストラレギュレーションのプレイング

基本的にエクストラにおいてはあまり使わないサポートはハイパーボールなどでトラッシュになるべく早く送る。

そうすればオカルトマニアとかポケモンレンジャーとかNとかセンパイコウハイとか本当に好きな時にサーチャーで触れるますからね!

よってバトルコンプレッサーが強くなる。バトルコンプレッサー+バトルサーチャーの組み合わせにより、トラッシュ限定とはいえ確定サポートサーチになる。

例えばグズマ1枚のみデッキの採用だとしても、序盤で捨てることができればサーチャーの枚数だけ使うことができる(擬似的に4枚グズマを入れたのと同じになるともいえる)。

ラボネク対策

三鳥GX

110を3体にばらまけるためダストダスとウルネクを一掃できる。エクストラではミロカロスでエネルギー加速をするのが大変強力。

チャーレム

こちらも110打点を2連発すればウルネク+次のウルネクの2枚取りが狙える。

エクストラレギュレーションのチャーレムについて解説!なにが強いの?
チャーレムの特徴 特性とは似て非なる「古代能力」で2回攻撃ができる。2回攻撃は純粋に打点を...

エクストラの解説 チャーレムはこちら

エクストラレギュレーションのチャーレムについて解説!なにが強いの?
チャーレムの特徴 特性とは似て非なる「古代能力」で2回攻撃ができる。2回攻撃は純粋に打点を...
タイトルとURLをコピーしました