Amazonにタッグオールスターズが定価で入荷!
タッグオールスターズをAmazonで購入

【ジムバトル5-0】オーロット&ヨノワールGX・ムウマージハンデスデッキ

ジムバトル優勝レシピ
スポンサーリンク

フェロマッシ・オーロットヨノワール・ムウマージハンデスデッキ

オーロット&ヨノワールGX+ムウマージスタンプハンデスデッキ

スタジアム (2)
無人発電所2枚
エネルギー (6)
基本超エネルギー6枚

編集可能なデッキレシピはこちら

リセットスタンプやムウマージ・マチスの作戦が使えるスタンダードならではのハンデスデッキ!

ムウマージ+リセットスタンプの定番コンボに攻撃するたびに相手の手札を減らすことができるオーロット&ヨノワールGXを組み合わせたデッキ。

まずはふしぎなことづけムウマージで相手にあえてサイドを譲りドローしていく。

オロヨノ+リセットスタンプ

さらにリセットスタンプオーロット&ヨノワールGXのワザ「ナイトウォッチャー」を組み合わせることで相手の手札をなくしていくのがコンセプトのデッキ。

マチスの作戦

ムウマージの「ふしぎなことづけ」により、サイド枚数が相手のほうが多くなるためマチスの作戦が使える。

ブルーの探索

そのためブルーの探索を2回使うことができ、相手の手札を減らすためのコンボパーツを揃えることができる。

エクストラでは使えない「リセットスタンプ」「マチスの作戦」「ふしぎなことづけムウマージ」を使用したスタンダードレギュレーションならではのハンデスデッキといえる。

エクストラレギュレーションで新たにマチスの作戦・しまめぐりのあかし等が禁止に
ポケカエクストラレギュレーション新禁止カード 平素は弊社商品をご愛顧いただき、誠にあり...

無人発電所でトップ解決を許さない

相手の手札が減ったとしても、例えばデデンネGXやカプ・テテフGXといったポケモンを引かれた場合はサポートカードをデッキからサーチされたり、特性でドローされせっかく減らした手札が回復されてしまう恐れがある。

そこで無人発電所が採用されている。これにより相手のGXポケモンによる手札のリカバリーを防ぐことができる。

惜しくも大会優勝を逃したデッキであるが、タッグオールスターズ発売直後にも関わらずオーロット&ヨノワールGXの強みを最大限に生かした非常に完成度の高いデッキレシピとなっている。

オーロット&ヨノワールGXハンデスデッキの使い方

ムウマから闇の石の効果でいきなり進化したムウマージの特性「ふしぎなことづけ」を2回使い、リセットスタンプを使用。

その後はビーストリングで基本超エネルギーをフェローチェ&マッシブーンGXにつけ、ヨノワール&オーロットGXにタッグスイッチを使うことで付け替える。

基本超エネルギーがついたことによりナイトウォッチャーで相手の減った手札をゲーム序盤から減らすことができる。

コンボパーツが多いデッキだが、マチスの作戦+ブルーの探索や後述のおとりよせパッドの採用などにより揃えやすくする工夫がなされている。

おとりよせパッドの採用

おとりよせパッドはコイントス次第だが、グッズをサーチ(=コンボパーツの闇の石やリセットスタンプ)できるカード。マチスの作戦の負担を減らすことにつながることにもなる。

確実にサーチすることができないが、このカードの真の強みはコイントスに失敗しても手札の枠をあけることができるということにある。コイントスに失敗したとしても1枚手札を消費するため、ムウマージのドロー枚数が上がる。

なぜフェローチェ&マッシブーンGXなのか?

ムウマージからビーストリングを使いタッグスイッチを狙うだけであれば一見するとアクジキング&アーゴヨンGXでも同じような動きをすることができる。

しかしアクジキング&アーゴヨンGXは特性があるためこのデッキではコンボパーツを集めるために重要な役割を担うブルーの探索が使えない

特性がなく、かつウルトラビーストであり、タッグスイッチに対応しているタッグチームであるという理由からフェローチェ&マッシブーンGXが選ばれたようだ。

関連記事 エクストラレギュレーション禁止カード

エクストラレギュレーションで新たにマチスの作戦・しまめぐりのあかし等が禁止に
ポケカエクストラレギュレーション新禁止カード 平素は弊社商品をご愛顧いただき、誠にあり...
タイトルとURLをコピーしました