ザシアンV・ザマゼンタVが登場
AmazonでポケモンカードVシリーズを予約する

ほっぺすりすりデッキレシピと解説!(レシゼク型・純ほっぺすりすり型)

ジムバトル優勝レシピ
スポンサーリンク

今回はほっぺすりすりデッキの解説です!ほっぺすりすりデッキは優勝しているデッキは2パターンのデッキレシピがありますが、今回は両方のメリット・デメリット含め解説しますね!

ほっぺすりすりデッキとはどんなデッキ?

電気ポケモンらしく素早く攻撃に移ることができ、さらにメイやデンジ、エモンガの存在により安定することが最大の武器なデッキ。

デンジで好きなタイミングでリセットスタンプを使用し相手の手札を一気に減らすことができる。また、エレキパワーやこだわりハチマキもあり非GXポケモンがGXポケモンに対抗できるため6-5から逆転勝利を狙える。

劣勢からのカウンターが出来るため、とても使いやすいデッキである。逆転が好きなプレイヤーや初心者に向いているデッキといえる。

ほっぺすりすりデッキの序盤

序盤はパチリスをバトル場に、エモンガをベンチに3体ピカチュウをベンチ2体並べるのが理想の動き。パチリス使用した後はライチュウをアタッカーにし展開していく。

エモンガでほっぺすりすりポケモンをサーチ!

エモンガはこのデッキの最重要カード。スタートがエモンガになってパチリスが最初の手札にいなくても逃げるエネルギーがないためパチリスにすぐ交代できる。

エモンガのほっぺのつどいで「ほっぺすりすり」というワザを持つポケモンを集め、一気にベンチにほっぺすりすりポケモンを展開する。エモンガは手札にポケモンを加えるのでポケモン通信との相性も非常に良い。

パチリスでエネ加速!

パチリスのすりすりはつでんでベンチの「ほっぺすりすり」ベンチのポケモンに一気にエネルギーをつけていくデッキ。

なんとその加速するエネルギーは一度に5エネルギー。何回もすりすり発電をしていくと攻撃が遅れるため、パチリスのワザは1回もしくは多くて2回ほどではあるが、5エネルギーもつけることができればこのデッキでは十分。

ライチュウで攻撃!

以前はほっぺすりすりデッキの切り札はライチュウGXだったが、ドリームリーグでライチュウが登場。新たなほっぺすりすりのメインアタッカーとなった。

ライチュウのワザ「パワフルスパーク」は事前にパチリスでエネ加速をしていれば非GXポケモンを倒せるくらいの火力が出る。

カプ・コケコ◇でライチュウをサポート

カプ・コケコ◇は雷エネルギーを加速させるため、ライチュウの打点を底上げすることができる。序盤のエネ加速の要がパチリスであるように、中盤のエネ加速をコケコ◇が担当している。

レシラム&ゼクロムGXを採用するデッキも

パチリスがベンチにエネルギーをつけるため、レシラム&ゼクロムGXのコストをカバーすることができる。そのため、数枚基本炎エネルギーを採用したほっぺすりすりレシゼク型と純ほっぺすりすり型の2種類が主なほっぺすりすりデッキとなっている。

レシゼク型と純型は一長一短で、どちらも大会でも優勝している。今回は2種類のほっぺすりすりデッキレシピを紹介する。

ほっぺすりすりデッキ

ほっぺすりすりデッキレシピ

ポケモン (17)
エモンガ
SM8a
009/052
4枚
パチリス
SM8b
035/150
3枚
ピカチュウ
SM11b
016/049
4枚
ライチュウ
SM11b
017/049
4枚
カプ・コケコGX
SM4p
032/114
1枚
カプ・コケコ◇
SM8a
014/052
1枚
サポート (12)
デンジ3枚
メイ3枚
ホミカ3枚
グズマ3枚
スタジアム (2)
無人発電所2枚
エネルギー (12)
基本雷エネルギー12枚

編集可能なデッキレシピはこちら

ほっぺすりすりレシゼク

ほっぺすりすりレシゼクデッキレシピ

エネルギー (13)
基本雷エネルギー11枚
基本炎エネルギー2枚

編集可能なデッキレシピはこちら

純ほっぺすりすりとほっぺすりすりレシゼクの違い

レシラム&ゼクロムGXは例えば自分のサイドが残り3枚で相手のタッグチームを倒せば勝てる……といったような終盤のフィニッシャーとなる。ほっぺすりすりデッキが苦手な耐久系タッグチームの突破手段ともなりえる。

一見、採用し得のカードに見える。しかしレシラム&ゼクロムGXのために基本炎エネルギーやレインボーブラシなどを採用しないといけないため構築の自由度が下がる。

また、レシラム&ゼクロムGXがスタートポケモンになってしまうとそのまま負け筋に繋がることもある。といったように一長一短であるといえる。

それらが気になるなら純粋なほっぺすりすりデッキを使うのが良い。自分がよく行くジムバトルにあわせてほっぺすりすりをカスタマイズできるのもこのデッキの魅力といえる。

ほっぺすりすりデッキが有利な相手

多くのタッグチーム系デッキには有利。ライチュウなどが2回攻撃で倒せることができるラインまでエネルギーをつけてしまえば勝つことができる。

とはいえ、耐久系タッグチームは苦手なので気をつけよう。

ほっぺすりすりデッキが苦手なデッキ

ベンチ狙撃もしくはバラマキ

基本的にHPが低いベンチポケモンを並べることが多いので、ベンチ狙撃ができるデッキは天敵である。

スタジアムにそらのはしら、ベンチポケモンにミュウを置くことが解決策だが、対策されることが多い。

アローラベトベトンのかがくのちから

天敵中の天敵。エモンガやコケコ◇が機能停止する。

耐久系デッキ

回収封じのバリヤードが

採用しにくいこのデッキでは

かなりの不利。

アセロラやマンタンで回復されると苦しい戦いを強いられる。

ギラマネロ

いわゆるギラティナをカラマネロでエネ加速するデッキ。ライチュウのHPが120なためやられてしまう。やや不利。

ウルネクトラネクロズマGX

天敵中の天敵。

ギラティナのやぶれたとびら+滅亡の光GXでせっかくエネをつけたほっぺすりすりポケモンたちがやられてしまう。ウルトラネクロズマGXが流行っているショップではほっぺすりすりデッキは使用を控えたほうがいいだろう。

不利な相手も多いですが、使いやすくて安定し強く、なによりかわいいデッキです!ぜひ使いこなしてみませんか?

エモンガの解説はこちら

エモンガ(ほっぺすりすり)の使い方を解説!サーチできるポケモンは?
ダークオーダー収録のほっぺすりすりエモンガについて詳しく解説しています。
タイトルとURLをコピーしました