リーリエの全力の評価と使い方を解説!ソルルナのGXトリガー

ドリームリーグ
スポンサーリンク

リーリエの全力

カード評価 7.0

  • デメリットつきではあるが4枚ドローできるカード。
  • ソルガレオ&ルナアーラGXのGXワザ発動トリガーとなる。
  • サイドをとったあとの処理に注意。
  • デメリットが大きいため、基本的にはソルガレオ&ルナアーラGXデッキでのみ採用されるか。

デメリットつきドローカード「リーリエの全力」

山札を4枚引くという強力な効果と引き換えに、3枚以上ある手札を2枚まで選んで戻す必要があるカード。

デメリットが大きいように見えるが、幸い戻すカードは選べるためシロナやリーリエといったドローサポートを残しておくとよいだろう。

とはいえ、タッグチーム主体のデッキであればコーチトレーナーが存在する。また、基本エネルギーが多いデッキではローラースケーターも採用ができる。これらのサポートを差し置いてリーリエの全力を使うデッキは限られるだろう。

ソルガレオ&ルナアーラGXのGXワザ発動トリガー

「リーリエの全力」はソルガレオ&ルナアーラGXのめがみのひかりGXの発動のトリガーとなる。

めがみのひかりGXは1ターン全ポケモンが無敵になるというGXワザでも最強クラスのワザ。ソルルナデッキであれば2枚は採用したいカード。

リーリエの全力の欠点

リーリエの全力の最大のデメリットは「グリーンの戦略」同様に、サイドをとった後にリーリエの全力の処理が入る。そのためタッグチームを倒して3枚サイドを獲得したとしてもターン終了時の手札は2枚になってしまう。

特にムサシとコジロウはリーリエの全力の天敵とも言える存在となるだろう。

シルヴァディGXで短所を補う

ただし上記の欠点はシルヴァディGXが補うことができる。詳細は下記記事。

シルヴァディGX(ディスクリロード)の評価と使い方を解説!
ポケカのパック「ドリームリーグ」収録のシルヴァディGXについて詳しく解説しています。

ドリームリーグ収録全カードリストと考察

ドリームリーグ収録カードリストと評価 通販予約情報
before:リミックスバウト 強化拡張パック ドリームリーグ予約情報 ...
タイトルとURLをコピーしました