ミラクルツインが駿河屋で16.5% OFF
ミラクルツインを1BOX4080円で購入する

「エリカ」のシールド戦における評価と解説

シールド戦
スポンサーリンク

エリカ

サポート
おたがいのプレイヤーは、のぞむなら、それぞれ山札を3枚まで引く。(カードを引くのは自分から。)

サポートは、自分の番に1枚しか使えない。

シールド戦評価 8.0

ミュウツーHR争奪戦では貴重なドローサポート

パックから引いたドローサポートがよっぽど潤沢でない限りは採用したいカード。

シールド戦をする際に必ず全員に一人一枚配られるカード。このルールでは癖の少ない単純な3ドローが出来るカードであるため、できる限り採用したいがその際デメリットが問題となる。

おたがいのプレイヤーは、のぞむなら、それぞれ山札を3枚まで引く。

おたがいのというところが曲者で、このカードは相手の展開を補助してしまう。

しかしながら、そもそもこちらの展開が出来なければゲームは始まらない。ドローソースが不足するシールド戦ではこのカードはデメリットがあるとしても採用する価値があるカードと言えよう。

なお、このカードの効果による相手のドローは望むならという条件付きであるため、相手の山札が残り三枚以下の時に使ってLOを狙おうとしても不可能なことに注意。

通常の構築戦でのエリカ

通常の構築戦の場合はリセットスタンプややぶれかぶれマーシャドー等でデメリットを相殺出来るが、わざわざそのためにカードを使うくらいなら大人しくハウを使用した方がいい。

もし使うのであれば(相手が自由に選べるとはいえ)相手の手札が増えることが有効に働くゲンガー&ミミッキュGXやクチートGX等と組むことになるか。

シールド戦解説

ロトム

【ポケカ】ロトムのシールド戦での評価と使い方を解説
ロトム(サイクルドロー) シールド戦評価 9.0点 さまざまなデッキに入るため、手に入れることが...
タイトルとURLをコピーしました