【アゴマニュ】アーゴヨン・マニューラGXデッキ 大会優勝レシピ

ジムバトル優勝レシピ
スポンサーリンク

マニュアーゴヨンデッキ

マニュアーゴヨンデッキレシピ

エネルギー (10)
基本悪エネルギー10枚

編集可能なデッキレシピはこちら

アーゴヨンマニューラ(アゴマニュ)とは?

アーゴヨンの特性チャージアップとマニューラGXの特性「シャドーコネクション」を組み合わせて加速した悪エネルギーを移し替えて悪タイプタッグチームで攻めていくデッキ。

アーゴヨン型とガオガエンGX型の違いはGXポケモンではなく、またアーゴヨンは1進化なのでメタモン◇をマニューラと共有できる。

またアーゴヨンのワザ「ターニングポイント」でサイドが3枚の時に160ダメージを出せる。ミュウツー&ミュウGXを一撃で倒すことができ、サポートに留まらずアタッカーも兼任できる。

アーゴヨンがビーストリングに対応

ビーストリングが使える点もアーゴヨン型の最大のメリットとなる。大量のエネルギーをデッキからバトル場のポケモンにつけることができ、マニューラGXでつけかえる。

ビーストリングやアーゴヨンのチャージアップで稼いだエネルギーを、なにかとエネが必要なブラッキーダークライやヤミラミバンギラスにつけて戦うデッキといえる。

アーゴヨン+マニューラGXデッキを対策するなら?

中打点でアーゴヨンを突破

エネルギー供給をアーゴヨンに頼っているため、アーゴヨンをカプ・コケコGXのてんくうのつめやプテラGXの「ロックスマッシュ」+格闘道場を使って倒す。(格闘道場は常時闘エネルギーのついたポケモンのワザの威力が+10されるためギリギリ倒すことができる)

また、進化前のベベノムをアサルトサンダーなどで倒し続けるなども有効。

闘ポケモンで弱点をつく

当然ながらあくタイプ主力のデッキなのでマニューラGXやタッグチームに弱点をつける闘タイプが有効。

マーシャドー&カイリキーGX+黒帯などでマニューラGXに奇襲をしかけると相手の予定も一気に狂うだろう。その他ピカチュウ&ゼクロムGXの際に注目されたマーシャドーGXも有効。

先程の説明で挙げたプテラGXはあくタイプが主力のデッキに対して闘で抜群をとれるため、比較的ラクに勝てることができるだろう。

タイトルとURLをコピーしました