レシリザタブンネフワライドでエクストラトレーナーズリーグに参加してみた

ジムバトル優勝レシピ
スポンサーリンク

はい。なのでスタンダードのデッキでエクストラを戦ってきました。ポケカタクティクス!は基本的にスタンダードのデッキを紹介していますが、今回面白い結果ができたため紹介しようとおもいます。

デッキの特徴

タブンネ+マグカルゴ

タブンネの特性「ヒヤリング」を駆使して、常に何かしらのカードを手札に加えるのがこのデッキのコンセプト。また、マグカルゴの特性「じならし」も使い、常時自分のターンで動くのに一番使いたいカードを手札に加えていき、常にアドバンテージを取り続けます。

このコンボの最大の特徴は「最悪この2種類をアタッカーに出来る」点と「タブンネがギミックカードの割に異常に硬い」という攻防戦での強みがある。

溶接工を使用するとどちらもそのままアタッカーに変貌する。技の威力は低いようにみえるがフーパなどと戦えるのは大きく、特にタブンネの30ダメはジェットパンチと同じ威力で且つ同じ威力分のダメを回復する。

この回復する側面も含めたHP90、弱点闘がかなり強固で、弱点をついて最速且つ、1撃で倒せるポケモンが現状「プロモウソッキー」と「マッシブーン」のみである。しかも倒すためには必ず何かしらのカードは必要で「プロモウソッキー」なら「タケシのトレーニング」とスタジアム、「マッシブーン」ならサーチカードが乏しい「ビーストエネルギー◇」と限りなく100%の確率で弱点をついて落とすのは不可能となっている。弱点をみないでとなると「トリプル加速エネルギー」を駆使した「ベロベルト」、「ケンホロウ」、または「カキ」もしくは「溶接工」でエネをつけた「レシラム&リザードン」等、「後攻1ターン目に倒そうと思うと最早不可能」のレベルである。そして、打点を刻むにしても技を使うと30回復するため、それ以上のダメでないと「全く刻めない」のである。

この点も利用することで「レシラム&リザードン」を最悪確実に起動できる手札になるまで場に全く出さないで温存出来る、という強みにも繋がります。

ジラーチやデデンネGXの不採用理由

レシリザの今回のデッキの動きのコンセプトとして他のデッキでは「ジラーチ」や「デデンネGX」を採用します。もちろん、これら2枚のほうが「瞬間的なアドバンテージ」つまり、より短いターンで決着をさせるのに向いてます。

ただ、私がタブンネとマグカルゴのギミックに目をつけたのは「確実なフィニッシュに向く」という点です。ジラーチは序盤は良くても中盤以降からはとレナーズの枚数が減っていくためどんどん使いたいカードが手札に入る率を落としていきます。そして、トレーナーズのみに絞られているため動きにやや支障のおそれがあり、トレーナーズから多くのカードを触れるような構築とプレイングを要求されます。デデンネGXはスタートがデデンネGXになる恐れ、そして、手札を思うように減らせない事故で使って結果的に繋がりが悪く事故のまま迎える恐れがあります。そして、倒されるとサイドを2枚取られてしまい、不利に追い込まれる危険があります。

エクストラ大会レポート

規模は12人のトーナメント制でした。

1戦目:怖いお姉さんハンデス

先攻がこちらからだったのが助けになり、手札を先攻の段階で限りなく0にしてハンデス出来なくした。

その後はレシリザの展開とマグカルゴのじならしによるトップドローのみの操作で勝ち。

2戦目ゾロアークタマタマ

相手のスカイフィールドをこちらもフル利用しつつ、アロベトを張って、タマタマコンボを封じ、カキで貼ったレシリザでそのまま押し切る。

3戦目ウルネク

カラマネロ3体からの手札展開に圧倒されたのち、フラダリとウルネクのコンボで負け。

結果:準優勝

タブンネ+マグカルゴを試したかったのですが、結果的にタブンネにかなり助けられました。このカード、やはり強いです。

はじめてエクストラレギュレーションの大会に出た感想

おわりに

エクストラ大会参加は初だったのでとてもいい刺激になりました。今後はエクストラをはじめ、ポケカの新たな遊び方を模索したいですね。

タイトルとURLをコピーしました