タッグスイッチの評価と使い方 使用デッキを徹底解説!

ジージーエンド
スポンサーリンク
  • タッグチーム限定エネルギー付け替えの上位種的存在。
  • ダブル無色エネルギー等、特殊エネルギーにも対応
  • ピカゼクやサナニンフ、レシリザなど様々なタッグチームデッキに採用される可能性のあるカード。

タッグスイッチの効果

自分の場の「TAG TEAM」のポケモン1匹についているエネルギーを2個まで、自分の別のポケモン1匹につけ替える。

カード評価 8.0

タッグチームが条件のエネルギーつけかえとマルチつけかえの上位種

タッグチームに付いているエネルギー限定だが、バトル場、ベンチ問わず、エネルギーの種類、つまり特殊エネルギーも含めて最大2枚付け替えることができるグッズ。

最初に付いてるのはタッグチーム限定だが、付け替えるポケモンの種類は問わないため基本的にはエネルギーつけかえと同じ感覚で使える。

状況によってはエネルギーつけかえとマルチつけかえの上位種効果となる。

どういった時に使えばいいのか?

とはいえ、いくらエネルギーつけかえとマルチつけかえの上位種効果とはいえ使うタイミングが難しいカードでもある。

その分使いこなせば強力である。

最も汎用性のある使い方はダメージを受けたタッグチームのエネルギーを移して「まんたんのくすり」や「アセロア」を使用する使い方。

これによりアセロラ・まんたんの使用に伴うエネルギーの損失分を補うことができる。

タッグスイッチと相性のいいタッグチーム

特に相性のいいタッグチームの紹介。

ピカチュウ&ゼクロムGX

特に相性のいいカードはなんといってもこのカードだろう。

ピカゼクならベンチに居るピカゼクにフルドライブのエネつけ効果を使用し、次のターンにタッグスイッチで状況に応じてバトル場とベンチのどちらかにエネルギーをつけかえた後、手張りで「タッグボルトGX」の条件を満たしてワザを使用する。

エネルギーつけかえと違い、複数枚使う必要性が無くなったのは大きい。また、雷デッキはデンジが採用されている。

そのため、グッズであるタッグスイッチはピカゼクデッキでは比較的サーチがしやすい。

サーナイト&ニンフィアGX

サーナイト&ニンフィアGXなら妖精の風でベンチのサーナイト&ニンフィアGXに付け、次のターン、ベンチにターボスイッチでエネルギーを付け替えた後、入れ替えることでカレイドストームを決めることができる。

元々、満タンの薬で長期戦にすることも多いサナニンに攻めの側面も手に入れつつ、より長期戦にも適した戦い方が期待できる。

フェローチェ&マッシブーンGX

フェロマッシは「ビーストリング」に対応しているため、「好きな色のエネルギーをポケモン付けることができる」コンボが成立する。

今までは「フェロマッシ単」というフェロマッシだけしか採用されない構築や「フェロマッシサンダース」というイーブイのエナジー進化と少ないエネルギーで回せることを着眼点においた混色構築が主流だった。

しかしタッグスイッチの研究が進めば今後は他のポケモンを合わせることでの爆発力を持った構築が生まれるかもしれない。

マーシャドー&カイリキーGX

エネ加速のない闘タイプにおいて、マーシャドー&カイリキーGXについたエネルギーをアセロラで回収する前にタッグスイッチを使うのは非常に有効。ルガルガンGXやランドロス等につなごう。

レシラム&リザードンGX

レシラム&リザードンGXデッキではまんたんのくすりを使用する前にエネルギーを別のポケモンにつけかえることができる。溶接工や炎の結晶とはまた違った動きができるようになり、動きの幅が広がる。

現状でも面白い使われ方が期待できるカードであり、更に今後はタッグチームのカードプールが増えます。可能性の塊のようなカードといえますね!

ジージーエンド収録カードリスト

「ジージーエンド」収録カードリストと評価 通販予約最安値
強化拡張パック「ジージーエンド」 拡張パック「 ジージーエンド」予約 ...
タイトルとURLをコピーしました