【ポケカ】ムウマージ&ズガドーンGXデッキ 溶接工の登場により超強化

ダブルブレイズ
スポンサーリンク

今回はレシリザを徹底的に対策しつつ爆発的なパワーを手に入れ、なおかつ使っていて楽しいズガドーンGXデッキを紹介します!

特化型レシピはこちら

ズガドーンGX・ムウマージ&ブルーの探索デッキ解説
探索マージ型ズガドーンGXデッキとは アーゴヨンを使わない全く新しいズガドーンGXデッキ ...

ムウマージと溶接工により強化されたズガドーンGX

フルメタルウォール環境のズガドーンの課題


ズガドーンGXはズガドーン・アーゴヨンとして超強力なGXポケモンとして知られたポケモンである。

しかしフルメタルウォール環境ではフェローチェ&マッシブーンGXやルカリオ&メルメタルGXが登場したにも関わらずフルメタルウォール環境では中堅程度に収まっていた。

もちろん使い手が少なくなったことも原因のひとつとして考えられるが、ジラーチサンダーやピカチュウ&ゼクロムGXに多く採用されているアサルトサンダー、カプ・コケコGXにより生命線のアーゴヨンが倒されてしまうのも結果が出せなかった原因の一つである。

しかし今回のダブルブレイズの登場により溶接工を獲得。

ダブルブレイズ収録カードリストと評価 通販予約最安値
ダブルブレイズ全収録カードリストと評価をどこよりもていねいに解説しています。

ダブルブレイズのズガドーンの強化点

これにより従来のズガドーンと違いアーゴヨンに頼らなくてもエネ加速ができるようになった。

さらにムウマージも登場。これは自分のポケモンを無理やりきぜつさせ、ドローすることができるゲームスピードを大幅に加速させることができる超強力なポケモン。

しかもミステリートレジャーに対応しており、闇の石でムウマからいきなり進化も可能。

相手のサイドが5枚のときに無理やりムウマージで相手のサイドを4枚にすることで半ば強引にビーストリングでズガドーンを着火できるようになった。

その結果、タッグチームポケモンを倒すために6枚エネをロストゾーンに送ったとしても再度GXポケモンを倒せる程度のエネルギーは確保できる新しいズガドーンが登場した。

ズガドーンとムウマ・ムウマージだけにしたデッキも組みましたが、今回は対応力が高めのズガドーンを紹介します。少なくとも先攻カキを決めてくるレシリザにも勝てる実力があるのでご安心ください。

ムウマージ&ズガドーンGXデッキ

ムウマージ&ズガドーンGXデッキレシピ

エネルギー (15)
ビーストエネルギー◇1枚
基本炎エネルギー14枚

編集可能なデッキレシピはこちら

レシリザ対策も兼ねたダブルブレイズのズガドーンデッキ!

基本的な動き方は上述のとおり、ムウマージ+溶接工+ビーストリングでエネ加速をしていき前のポケモンを倒していく。

打点はGXポケモンを倒せる(ハチマキやビーストエネルギー込みで)230~300までと幅が非常に広い。

ズガドーンGXの強みはレシリザ側のヒートファクトリー利用しながらレシリザ側はウルスペは相手に利用させないところ(レシリザにUBはズガドーンほど入っていない)。スタジアムの展開では一方的に有利をとることができる。

サイドレースもレシリザが取られるサイドが3枚なのに対してズガドーンは2枚。

一回ムウマージを使ったとしてもズガドーン側はバーストGXがあるためズガドーン側が有利。

アローラベトベトンでイーブイ対策

アローラベトベトンはこのデッキでは辛いデッキやレシリザの対策として強力。ただし自分のカプ・テテフGXも特性を失うので、カプ・テテフGXを使ってからアローラベトベトンを立てるのが望ましい。

主なメタ対象

レシリザのサブアタッカーとして採用されそうなイーブイに対してアローラベトベトンを立てておくことでブースターGXに進化させることを防ぐ。ジラーチサンダーのサンダースGXも封じることができる。

サカキの追放により強化されたギラティナデスカーンをはじめとする、ウルトラネクロズマ等に採用されているこのカードはフルメタルウォール環境より見ることになるかもしれない。アローラベトベトンはギラティナ対策も兼ねている。

このデッキの苦手なジラーチサンダー系デッキのエンジンであるジラーチを止めることも可能。

やぶれかぶれマーシャドーがレシリザに刺さる

ウルトラスペースを出している状態で先攻時およびサイドをとられたあとのカウンターとしてのやぶれかぶれマーシャドーは非常に強力なレシリザに対するメタになる。

レシラム&リザードンGXは炎エネルギーを多く採用しているため、やぶれかぶれを決めることができれば手札事故を誘発しやすい。

ズガドーンGXはほとんどのGXデッキに有利

ズガドーンGXはほとんどのGX主軸のデッキにかなり強く出ることができたデッキではあったものの、より安定性とエネ加速力が上昇しさらに有利をつくことができるようになった。

その実力はカメックスGXをタイプ相性を無視して倒しかねないレベルのものとなっている。

ズガドーンGXの欠点

エネ加速力があがったとはいえ、非GX主軸のデッキにはやはり弱くギラティナデスカーンやジラーチサンダー等にはアローラベトベトンがいるとはいえ苦戦を強いられることになるだろう。

レシラム&リザードンGXをより尖らせた性能を持ち、特定のデッキには圧倒的な実力を持つものの苦手なデッキもはっきりしているわかりやすいデッキとなっている。

対策としてはのろいのおふだ

対策としてはのろいのおふだを使うという方法もある。ただし、今回のデッキはアーゴヨンを削っている上にムウマージのきぜつでは発動しない(御札の発動条件はワザのダメージを受けて気絶する必要がある)。

やや噛み合わない可能性があるが、非GXが多い環境であれば採用の余地は十分にある。

デッキパワーを保ちつつ、非GXデッキを対処できるズガドーンGXが開発されれば一気にズガドーンGXは環境トップになりそうです。

関連記事

ダブルブレイズカードリスト

ダブルブレイズ収録カードリストと評価 通販予約最安値
ダブルブレイズ全収録カードリストと評価をどこよりもていねいに解説しています。

レシリザデッキ

404 NOT FOUND | ポケカ速報 ポケカタクティクス!
ポケモンカードの最新情報をまとめ発信するゲーミングメディア。
タイトルとURLをコピーしました