【新弾バトル優勝】カメックスGXデッキのデッキレシピと解説

フルメタルウォール
スポンサーリンク
管理人のTwitterアカウント

はじめまして。大統領(@nogizaka_loony)です。

メインはゲームのほうのポケモンのシングルバトルで、ポケカはおろかTCG歴自体も浅いのですが、この度フルメタルウォール環境での新弾バトルで優勝しましたので寄稿させていただきます。

このデッキを組むにあたってポケカタクティクス様には何かとDM等でお世話になっており、コクーン浅井さんの構築力に依るところも大きいと予めお断りしたうえで、解説させていただきます。

カメックスデッキレシピ(新弾バトル対応)

基本的な回し方の細かい点ついては、コクーン浅井さんの記事をご参照ください。カメックスGX+パワースコールカメックスを使う基本コンセプトは、

  • 「ウツギ博士のレクチャー」「みちしるべアローラロコン+アローラキュウコンGX」「せせらぎの丘」を積極的に使い、できる限り多くのゼニガメを並べ、キーカードを揃えつつデッキを圧縮する(=デッキの基本水エネルギー含有率をあげる)

以上の1点に集約されます。以前CLで話題となったゲッコウガGX入りのカエループに似ているでしょうか。できれば2体のパワースコールカメックスと1体のカメックスGXを並べ、「パワースコール」+「ロケットスプラッシュ」によるループを作り出すことが唯一無二の勝ち筋です。

サイドパーツの採用理由と枚数の解説

せせらぎの丘

カメックスラインはいずれも2進化であり、ゼニガメ+2種類のカメックス+ふしぎなアメというコンボパーツが必要なほかに、1ターン前にたねポケモンを準備しておく必要があります。

本デッキではゼニガメのサーチをアローラロコンの「みちしるべ」、「ウツギ博士のレクチャー」そしてこの「せせらぎの丘」に頼ることで、ボール系の採用枚数を極限まで下げ、スタジアムレースに対抗できるようにしてあります。これにより、リセットホールマーシャドー等の採用を見送ることができ、コンボパーツの多いデッキならではのデッキスペースの確保を可能にしています。

ジラーチ

展開力をジラーチに頼るデッキは多いですが、このデッキではジラーチは1枚のみの採用、そして「エスケープボード」を不採用としています。これは序盤の壁役にのみジラーチを使うことで、最低限のサイドロスに抑えるため。デッキの性質上ジラーチからの引き先となるポケモンが乏しいため、ジラーチの「ねがいぼし」を繰り返し使うルートを敢えて切っています。

2体3体のジラーチを並べてドローソース代わりにする展開も確かに強力ですが、展開に時間をかけすぎるとサイドレースで不利を取りやすい&カメックスGXは準備さえできてしまえば押し切ることが可能だと考えたため、ジラーチピン刺しといういびつな形に抑えています。

リーリエ

ドローソース枠には「リーリエ」を主軸に置き、4積みとしました。これは1ターン目のリーリエアドをテテフに頼る(=サイドレースで不利を取りやすくなる)ことを避けるため+コンボパーツの性質上手札消費の激しいこのデッキと噛み合っているためです。

フリーザー

フリーザーは草弱点の多いこのデッキが、同じく新弾バトルで多くみられるであろう「カミツルギ」等の草デッキに抗う手段であり、攻撃に転じられるまでに時間を要するカメックスラインの繋ぎに使えるカードです。

2進化デッキの弱点として、貧弱な進化前ポケモンが準備途中に「グズマ」等の引きずり出しを食らって倒されてしまうことが挙げられますが、フリーザーをバトル場に出しておけばグズマを未然に防ぐことができ、なおかつワザ「コールドサイクロン」のエネ張替えにより水エネを無駄にせずに済みます。

まんたんのくすり

カメックスGXは特性込みで実質HP270と高く、尚且つループに入ってしまえば毎ターン「カメックスGX」に水エネがついていない状態から攻撃に転じられるため、「まんたんのくすり」と相性が良いです。サポ枠を消費しない「ポケモンセンターのお姉さん」や「アセロラ」と考えるのが近いと思われます。

これにより「ソルガレオGX」等の超火力2進化GXとも撃ち合うことができ、またピカゼクからの攻撃もリセットすることができます。

グラジオ

カメックスデッキ最大の敵は、ゼニガメのサイド落ちです。いずれもが共通のたねポケモンからの分岐進化であるため、1体落ちるだけでも後続のカメックスGXを立てにくくなり、2枚落ちれば展開しきれず負けてしまうケースもありえます。

サイド事故に対するケアとして「グラジオ」は必須カードかな、という印象を受けました。ゼニガメのみならず、メガニウム不採用なため進化を飴に頼り切っている以上、どれかのコンボパーツがサイド落ちしている確率は極めて高いとも言えます。「グラジオ」はそうした構築の欠陥を逆手にとり、謂わば「カスミのやる気」のような疑似的なサーチカードとしても使えます。

採用を見送ったカード

こだわりハチマキ

カメックスGXの「ロケットスプラッシュ」は4エネバックで240打点、5エネで300打点を出せるため、タッグチームを含むほとんどのGXポケモンに打ち勝つことができます。そのため火力増強手段に頼るよりは、カメックスラインを立てることを優先したほうが良いと考え、不採用としました。

しかし今後特に新弾バトル環境で多発すると思われる「カメックスGX」ミラーにおいては、特性「かたいこうら」をすり抜け4エネバック240打点で相手のカメックスを倒すことができるため、1枚入れておいても損はないかもしれません。

カメール

2進化をアメに頼り切るのは不安かとは思いますが、「カメール」を介すことで1ターン余分にかかってしまうリスクのほうを重大視して不採用としました。

メタモン プリズムスター

特性「なんでもしんか」は「ふしぎなアメ」に対応していないので、必要ありません。

超ブーストエネルギー プリズムスター

誤解されがちですが、カメックスGXのワザ「ロケットスプラッシュ」は戻した枚数を参照とするため、超ブーストエネルギーは意味がありません。これはズガドーンGXが、ベンチのアーゴヨンにカウンターエネルギーを付けても炎エネルギー2個換算にならないのと同じ理屈です。

メガニウム

ふしぎなアメ依存を緩和させるカード。チコリータ+メガニウムを1:1で入れる程度にしておけば、デッキバランスを崩すことなく採用できるかと思います。その場合「ウツギ博士のレクチャー」対応のHP60のほうを入れたほうが良いでしょう。

レインボーエネルギー

もし環境にカメックスの天敵「フェローチェ&マッシブーンGX」が増えた際のメタ手段です。カメックスGXのGXワザ「だいほうすいGX」は使う機会がないため、GXワザ枠が空いています。「アローラキュウコンGX」のワザ「サブリメイションGX」はウルトラビーストを一撃でたおすことができるため、フェロマッシへの奇襲として使えるかもしれません。

キュウコン

フェロマッシへの対抗策としてはこちらも考えられますが、フェロマッシを倒すには4ターンかかってしまうのが問題です。それぐらいならカメックスGXで殴り倒すことを優先した方がよいでしょう。

新弾バトル対応の方法:ゼニガメの選定

通常のスタンダードレギュレーションと異なり、新弾バトルルールにおいては「最新弾のタッグチームGXを1体」あるいは「最新弾収録のポケモンを4枚以上」という制約があります。

2019年2月現在のフルメタルウォール環境は、前弾ナイトユニゾンのデデンネGXやリセットホールマーシャドーのような汎用パーツが乏しく、カメックスデッキにおいても4体の新カードを入れるには工夫が必要でした。

カメックスGXはパワースコールの兼ね合いも考えると2体が限界なため、残る2体は「ゼニガメ」から調達することとしました。しかし「ウツギ博士のレクチャー対応で、優秀な特性こうらフロートを持つHP50」「クワガノンGXやウルトラネクロズマGXの攻撃を耐えきることができるHP70」のゼニガメはいずれもタッグボルト収録で、フルメタルウォールのゼニガメは「HP60でバニラ寄りの性能」と中途半端です。

そのため、「こうらフロート:HP70:新弾ゼニガメ」を「1:1:2」の割合で採用することで誤魔化していますが、通常のジムバトル環境でフルメタルウォールのゼニガメを採用する理由はありません

通常ルール対応にさせるためには「こうらフロート:HP70」を「3:1」の割合で入れることをお勧めします。

優秀なタッグボルトのゼニガメ2種

新弾バトル対応用のフルメタルウォールのゼニガメ

新弾バトルオフレポ

8人規模(全3戦)の小規模な大会だったため、参考までにどうぞ。フェロマッシと当たってはいないため、果たしてこのデッキが新弾バトル環境最有力かどうかもまだ分からない段階です。

1回戦:サワムラー&エビワラー&カポエラー

非GXたねポケモン主体のデッキは、パワースコールカメックスのワザ「ハイドロタックル」圏内なため、有利に立ち回れた印象ですが、こちらの準備が手間取った場合ゼニガメが倒されてしまう危険性があります。

2回戦:ソルガレオGX(+ルカリオ&メルメタルGX)

高火力高耐久2進化GXの代表格ですが、カメックスGXの特性「かたいこうら」でハチマキ込みでも「メテオドライブ」を耐える点、また相手はエネトラッシュの所為で連発ができないが、こちらは水エネループに入れば連発が利く点などが影響し、有利と考えます。

3回戦:カミツルギ

カミツルギ入りのカウンターデッキで、コンパンもいたためモルフォンGXも入っているかも知れません。フリーザーのワザ「コールドサイクロン」でコンパンやカミツルギを倒してゆくことで、ワザ「ダイキリ」の圏内に入らず押し切ることができました。

カメックスデッキについて一言

新弾環境のみならず、CL環境でもやっていけるポテンシャルはあると感じました。デッキ回しの際も、ピカゼクに対して5分以上の戦いをしかけられていました。しかしクワガノンGXのギガトロンGXのような全体技には対抗しきれないため、メタの張り合いには弱めです。

もう一つ注意点としては、デッキシャッフルの回数が多くなるため時間制限ギリギリになりやすいことが挙げられます。準備ができ次第ガンガン「ロケットスプラッシュ」で押し切らないと、時間切れで両敗北扱いになってしまう危険性があります(私のプレイングが遅いだけな気もしますが)

大会ルールにあった戦い方をするもの重要ですね。大統領さん、ありがとうございました!

関連記事

カメックスGXデッキ ジムバトル優勝レシピまとめ

カメックスGXデッキを徹底解説!パワースコールで攻め立てる