ポケモンカードの特殊状態(状態異常)とポケモンチェックを解説

初心者用記事
スポンサーリンク
ポケタク公式Twitterアカウント

ポケカの特殊状態(状態異常)とは?

バトルに不利な効果をもたらす状態異常!

「特殊状態」とは、ワザの効果などでバトルポケモンにつくデメリット状態を指す。

「どく」「やけど」「ねむり」「マヒ」「こんらん」の5種類があり、いずれも「ベンチに戻る」「進化する」ことで回復するという特徴がある。

ポケモンチェックとは

ターンが入れ替わる際の特殊状態処理!

ポケモンチェックとは、ワザを使った後や番が終わることを宣言した後に、お互いのポケモンの状態を確認するフェーズのこと

平たく言うとそれぞれが次の自分の番に入り山札を引く前に行うことであると言っても差し支えないだろう。

ポケモンチェックでの処理

ポケモンチェックでの処理は特殊状態によって異なる方法をとってゆく。

  • どく:ポケモンにダメカンを1個乗せる(コイントスによって状態異常は回復しない)。
  • やけど:ポケモンにダメカンを2個乗せる。その後、コインを投げオモテなら「やけど」から回復
  • ねむり:コインを投げてオモテなら「ねむり」から回復。ウラなら「ねむり」は続継続。
  • マヒ:「マヒ」状態で自分の番を1回終えたポケモンは、「マヒ」から回復。

ポケカの状態異常回復方法

  • 特殊状態になっているポケモンがグズマ等でバトル場をはなれたら、そのポケモンが受けていた特殊状態から回復する。
  • 特殊状態になっているポケモンが進化したら、そのポケモンが受けていた特殊状態から回復する。
  • 麻痺は1ターン経過すれば回復する
  • 「ねむり」と「やけど」はコインチェックでコインが表の場合は回復する
  • 状態異常を回復させるグッズを使う、などがある。

ポケカの状態異常:どく

ポケモンチェックの度にダメカンを1つ乗せる。「どく」は他の特殊状態と重複するため、相手としては一刻も早くバトル場から去りたいor進化させたい状況となる。目印としてどくマーカーを乗せる。

回復されてしまいやすい特殊状態だが、相手を特殊状態にした直後のポケモンチェックで最低10ダメージは与えられるため、疑似的な火力増強になる。

ポケカの状態異常:やけど

「やけど」状態のポケモンは、ポケモンチェックの度にダメカンを2個のせる。「どく」よりも多くのダメージを受けてしまうが、チェック時のコイントスにより、オモテなら回復する。目印としては「やけどマーカー」を乗せる。

「どく」と同じく他の状態異常と重ねがけが可能(=どくとも重複する)。次ターンに回復されてしまうことを前提とするならば、「どく」以上のダメージソースとなる。

ポケカの状態異常:ねむり

「ねむり」になったポケモンは、自分の番にワザと「にげる」が使えなくなる。チェックの際にコインを投げて、オモテなら回復する。目印としてカードを横向きにする

「マヒ」「こんらん」とは重ならない点に注意。これらの状態異常を追加で受けた際は、新たに受けた特殊状態で上書きされる。例えば、「ねむり」「どく」状態で「マヒ」にさせるワザを受けた場合、特殊状態は「マヒ」「どく」となる。

ポケモンチェックの度に50%の確率で回復するため、速攻で解除されてしまいやすいのが難点。だが類似効果の「マヒ」と比較すると、「マヒ」がコイントスでかかるワザがほとんどなのに対し、「ねむり」は確定のものが多い。

強力なドローソース、ジラーチの特性「ねがいぼし」のデメリット効果で最も目にすることが多いだろう。

「ねむり」状態では「にげられない」というデメリットを克服するために、「グズマ」「ポケモンいれかえ」「エスケープボード」等のカードがコンボパーツとして採用されている。

ポケカの状態異常:マヒ

「マヒ」になったポケモンは、自分の番にワザと「にげる」が使えなくなる。自分のターンを終えたチェック時にマヒを回復させる。目印としてカードを横向きにする

「ねむり」と同じく、「ねむり」「こんらん」とは重ならない

ポケカの状態異常:こんらん

「こんらん」になったポケモンは、ワザを使う際にコインを投げ、ウラならワザは失敗し、30ダメージ(弱点・抵抗力は計算しないため、超弱点の超ポケモンが使っても30ダメージ)。「ねむり」「マヒ」とは異なり、「にげる」は使うことができる。目印として、カードを逆さにする。

唯一ポケモンチェックでの処理がない特殊状態。コイントスをするのは自分の番だけ、それもワザを宣言したとき限定となっている。

主にズガドーンのさくれつバーナーなどでよく見かけることになる状態異常である。

重複するポケカの状態異常

  • 「どく」「やけど」はほかの特殊状態と重なる。
  • 例えば1匹のバトル場のポケモンが、同時に「どく」「やけど」「こんらん」になることがある。
  • ただし、「どく」と「どく」、「やけど」と「やけど」といった同じ状態異常は重ならず、上書きされる。

重複しない状態異常

「ねむり」「マヒ」「こんらん」は重ならない。

特殊状態の弱点

特殊状態は極めて強力な効果を持つが、「バトル場から離れる」「進化をする」という汎用的な行動2種で容易に回復されてしまう点が難しく、特殊状態依存のデッキの活躍しにくい原因といえる。

特に「グズマ」は多くのデッキで3~4積されているポケカを象徴する強力カードであり、相手のベンチを引きずり出しつつ、自分のポケモンの特殊状態を回復させることもできる。

特殊状態を活かせるカード

キョウの罠

「キョウの罠」の登場により、SMレギュレーションでは初めてワザを使ったり、特定のポケモンの効果に頼らず初ターンからダメージを与えられるようになった。

【ポケカ】「ナイトユニゾン」収録カードリスト一覧と評価 通販最安値

どく状態で乗せるダメカンの数をアップさせる方法としては、特性「ポイズンアップ」の「ハブネーク」が存在する。

モルフォンGX

相手を特殊状態にする珍しいトレーナーズ「キョウの罠」をトリガーとするワザ「しのびのごくい」を持つ。キョウの罠と併用で、どくダメ込み210打点を与えられ、1進化ポケモンGXも射程に収める優秀なポケモン。

【ポケカ】実は強い!?モルフォンGXの評価と使い方を解説

アローラベトベター

状態異常の数だけ威力が急増するワザ「ケミカルブレス」を持つ。キョウの罠併用でダブル無色エネルギー対応120打点と考えれば相当優秀。

ダークライGX

GXワザ「デッドエンドGX」で特殊状態のポケモンを無条件に倒すことができる。GXワザなので1度切りなうえ、ワザエネも重いが、たとえタッグチームGXでも確定で倒せるのは奇襲として強力。

ゴウカザル

やけどのダメージを大幅に上昇させることができる。アローラガラガラGXなどと使われる。

【ポケカ】アローラガラガラGX&ゴウカザル 大会優勝デッキレシピ
アローラガラガラGXジムバトル優勝デッキレシピ 場所:カードショップ黄鶏屋 日時: 2018年1...

関連記事

ポケカのロストゾーンとは? 再利用のできないトラッシュのようなもの!
ロストゾーンとは? (公式サイトより) ロストゾーンはトラッシュと違う場所で、自分のサイドの左側...
タイトルとURLをコピーしました