【ポケカ】安くて強い!コイキング&ホエルオータッグチームデッキの紹介

スポンサーリンク

コイホエ(コイキング&ホエルオー)タッグチームデッキの紹介

タッグボルト発売後、五体のタッグチームGXが環境に解き放たれました。

特にピカゼクは非常に強力で既存の多くのデッキはその対策のため見直しを迫られてます。名実ともにトップメタと言ってもいいでしょう。

しかし、ピカゼク以外のタッグチームも捨てたもんじゃありません。むしろ環境にくい込んでいる強力なカードばかりです。

今回は現在環境の大きな一角を築くまでになった強力なタッグチーム、コイキング&ホエルオーデッキについて紹介してきましょう。

現在環境トップを担ってるデッキへの立ち回りからプレイング指南までこの記事では幅広くやっていきます!

16人規模のジムバトルでコンスタントに2位、3位を取り続けているデッキなので安心して読んでいただければと思います!

コイキング&ホエルオーデッキレシピ

ポケモン (19)
コイキング&ホエルオーGX
SM9
019/095
2枚
メタモン◇
SM7a
043/060
1枚
ウパー
SMI
008/038
2枚
ヌオー
SMI
009/038
2枚
ベベノム
SM8
047/095
2枚
アーゴヨン
SM8
048/095
2枚
ボルケニオン◇
SM6
027/094
1枚
イワーク
SM7a
034/060
1枚
イーブイ&カビゴンGX
SM9
066/095
1枚
カプ・レヒレGX
SM4p
027/114
1枚
カプ・テテフGX
SM8b
044/150
2枚
フリーザー
SM9
030/095
2枚
スタジアム (2)
トキワの森2枚
エネルギー (11)
基本水エネルギー11枚

編集可能なデッキレシピはこちら

アゴヌオーについて

コイキング&ホエルオーは要求エネが大きい代わりに高耐久大火力を出せるタッグチームポケモンです。

水デッキは今まで闘と並んでエネ加速手段に乏しいタイプでしたが、タッグボルトではパートナーになりうる色んな非GXポケモンが出ました。

これらのポケモンとコイキング&ホエルオーを組み合わせたデッキも大変強く優勝を狙えるような構築を組むことが出来るでしょう。

しかし今回採用するのはアゴヌオー、トラッシュに落としたエネルギーを回収できるアーゴヨンとそれを別のポケモンに移せるヌオーの強力なコンビです。

アゴヌオーを使う利点

アゴヌオーを使う最大の利点は落としたエネルギーを再利用すること、そしてエネルギーをわざと落として加速していくことが可能であることです。

トラッシュからエネルギーを加速することの強さは超バレットやズガドーンデッキをみれば明らかですもんね

今回のデッキはボルケニオンプリズムスターを搭載しています。これは水エネルギーを自分から落とすことが出来てアーゴヨンと相性バツグンです。

あ、スタジアムとして入れているトキワの森も相性バツグンですね!

よく気づきましたね、そうです。通常ポケモンカードは一ターンに一回しかエネルギーをポケモンに手張りすることができません。

しかし、トキワの森を使い水エネルギーを捨てて水エネルギーを持ってくることで、捨てた水エネルギーをアーゴヨンに付けて持ってくるエネルギーを手張りすることで二枚分加速できます。

コイキング&ホエルオーの使い方(プレイング)

ゲーム序盤

  1. 前にフリーザーを置く
  2. 後ろにはメタモン、ウパー、ベベノムなど進化前と次のフリーザーを並べておき、何よりも先に進化を目指す
  3. コイキング&ホエルオーは出してはいけない。

まず、このデッキで一番大事になってくるのはフリーザーです。

フリーザーを前に並べ、出来ることならもう一体フリーザーを置いておくのがベストですね!

アゴヌオーで最も辛いことはグズマでウパーが狩られて進化できなくなったりヌオーが狩られて殺されてしまうことです。こうなるとエネルギー輸送の手段が途絶え一気に殴れなくなってしまいます。

また、コイキング&ホエルオーは逃げエネが大きくこいつをグズマで無理やり引っ張り出されると最悪詰みます……

ですから何がなんでもフリーザーを置きましょう。こいつを壁にして後ろを育てます。

なるほど、安心して後続を育てる為にもフリーザーは必要なわけですね。

はい、でもフリーザーではアーゴヨンを守れないことだけはお忘れなく。

ゲーム中盤

フリーザーにエネルギーを押し流してサイクロンをして後ろに付け替える一連の流れを繰り返す。そうしつつ、手張り、チャージアップ、アクアパッチで盤面に水エネルギーをたくさん蓄えておきます。

フリーザーは優秀な壁ポケモンです。殴った際に自身のエネルギーを後ろに付け替えるため自分が倒されても盤面からエネルギーが喪失しません。また、付け替えたエネルギーをまた押し流せば次のターンも殴れます。

エネルギーを付け替える対象はグズマで引っ張り出されない水ポケモンがいいですよね。

あと忘れてはいけないのがフリーザーでは特性や道具でベンチポケモンが引っ張り出せることは防げないということです。

不意のカスタムキャッチャーされる可能性は0でありませんしできるだけエネルギーの分散はしておきましょう。

フリーザーは70打点出せますしアタッカーとしても悪くないですね。ジラーチを飛ばせます。

さてそうこうしているうちに着実にエネルギーは溜まっていきます

ゲーム終盤

エネルギーが必要な数値(ここは相手するデッキによる)溜まったらいよいよコイキング&ホエルオーを場に出します。

前のポケモンを逃がし(当然逃げエネはチャージアップで回収)、コイキング&ホエルオーを前に出す。そして水エネルギーを押し流して殴り続けます。

コイキング&ホエルオーを出すのはゲーム終盤なんですね。

はい、そうです。いわゆるフィニッシャーですね。タッグチームGXは強いですが不意の奇襲で倒されてしまうと負け筋になるポケモン、しかもこのデッキはベンチスペースがかなり足りなくなるデッキなのでできる限りは終盤までは盤面に出さない方がいいです。

またここではコイキング&ホエルオーと書きましたがこのカードが刺さらないデッキには後述するサブアタッカーを前に出すこともありですね。

エネルギーが溜まったコイキング&ホエルオーはまさに天下無双です。傷ついたら回復系アイテムと合わせて長く戦い続けさせましょう。

必要なエネルギーは相手のデッキによるとはどういうことですか?

これはキングザブーンを狙うかどうかによりますね。例えばアロキュウジュナイパーにキングザブーンしたところで誰も死にません。ターンの無駄です。ですが、超バレットには非常にキングザブーンが刺さります。

404 NOT FOUND | ポケカ速報 ポケカタクティクス!
ポケモンカードの最新情報をまとめ発信するゲーミングメディア。

相手の盤面のカラマネロが全部倒されて再起不能になりますもんね。

そうです。このように相手のデッキタイプに合わせて貯めるエネルギーの数を柔軟に考えていきましょう。

コイキング&ホエルオーGXデッキのサブアタッカー

さて、ここまで見て頂いた方にはわかると思いますがこの構築はコイキング&ホエルオーデッキというよりもアゴヌオー水バレットといった方が正確です

コイキング&ホエルオーは強いんですが如何せん小回りが聞きません。また、当然苦手としている局面やこの局面ならこいつを使った方が勝率が上がる、なんてポケモンはたくさんいます。

このデッキに入っているor選択次第で入れたいサブアタッカーを紹介していきます

ボルケニオンプリズムスター

3エネ100ダメージと火力としてはそこそこだが相手のベンチにダメカンを撒くことができる。キングザブーンと合わせると強力。

また、特性も優秀で相手の妨害、水エネのトラッシュ、キングザブーン時に100与える相手を入れ替えるなど役に立つ場面は多い

忘れがちだがキングザブーンは目の前の相手には10しか入らない。

ひかるボルケニオン

こちらもキングザブーンの足りない打点を補えるポケモン。相手の好きなポケモン二体に50出せるのが強力。

イーブイ&カビゴン

ホエルオー&カビゴンに匹敵する第二のアタッカー。進化デッキに刺さり、特にホエルオーが苦手とするサーナイトGXやアロキュウジュナイパーにはかなり強め。

イワーク

ピカゼク、ゼラオラをワンパンできるポケモン。超バレットに組み込まれることが多いが当然このデッキにも入ってくる。
倒されると4エネと共にベンチにいってしまうのが欠点。また、ナイトユニゾン発売後は闘ヌオーに変えた方が良い。

【ナイトユニゾン】ヌオーの評価!水エネで動く闘タイプ・強力なGXメタ
ヌオー(ナイトユニゾン)の評価! 評価:8.5点 ヌオー HP120 1進化 闘タイプ 水...

カプ・レヒレGX

ベンチ120狙撃を可能とするポケモン。相手の進化前やジラーチチルタリスなどの低HPをサクサク殺していけるのはメリット。しかし一番このカードが生きるのはミラーマッチ

コイホエミラーにおいてはお互い前にフリーザーを置いた上で如何に早くエネを溜められるか競走になるが、こいつがいるとかたっぱしからヌオーを狙撃していけ一気に有利になる。そしてGXワザも強力。

駿河屋でカプ・レヒレGXを検索

フリーザーGX

こちらもGXワザが強く、また特性で傷ついたホエルオーを逃がすことが出来る。

駿河屋でフリーザーGXを検索する

キュレム

ナイトユニゾンで登場する新ポケモン。アゴヌオーと相性がよくサブアタッカーとしてかなり使える。

番外編

ヌオー

3エネで120打点出せる。またエネルギーを付ければ付けるほど火力は上がるためこいつでフィニッシュする事もある。

アーゴヨン

サイドが三枚の時は大火力を出せる。

コイホエデッキの主なデッキへの立ち回り・勝率

ホエルオーを使う上で大事なのはホエルオーはあくまでアタッカーの選択肢の一つであることです。

その場に適したサブアタッカーがいるならセオリーを無視してもそいつを出しましょう。

またキングザブーンもそんなに打ちません。ほとんどのデッキではキングザブーンより通常技をハチマキ巻いて通常ワザを連打した方が強いです。

VSズガドーン かなり有利

覚えておきたいのはハチマキフリーザーのコールドサイクロンやボルケニオンプリズムスターでズガドーンがワンパンできること、コイホエを使うまでもなく非GXサブアタッカーで殴っていれば勝ててしまうことがほとんどである。

VSピカゼク 微不利

とりあえず基本に忠実に場にエネルギーを貯めていこう。イワークに押し流してピカゼクを狩っていけば有利になれる。

しかし、その際イワークは直前まで隠しておこう。

場にエネルギーが溜まり切ったターンにベンチに出し、前のポケモンを逃がして繰り出すことで奇襲ができる。また、フリーザーGXやレヒレGXのGXワザも使える。

とはいえ、タッグボルトGXでベンチのヌオーを倒されたりと厄介な相手。

VS超バレット 有利

基本的にフリーザーで殴りつつエネルギーを貯めていき最後にホエルオーでフィニッシュする。

カラマネロやマーシャドーなどをキングザブーンで一気に倒せるため有利。

ウルトラネクロズマをワンパンするには10をどっかで載せる必要があることも覚えておこう。

VSルガゾロ 普通

相手のせせらぎを逆利用できたり、ホエルオーは相手にワンパンされないがこちらはハチマキスプラッシュ連打で壊滅させられるので微有利。

しかしルガルガンのブラッディアイでヌオーを呼び出されて倒されるという大きな負け筋もあるので微妙なところ。

VSゼラレック やや不利

ゼラオラもレックウザもホエルオーがワンパンできるものの相手の展開スピードが早く、コイキング&ホエルオーを出す頃には相手のレックウザが300打点を出せるようになってることがある。

うまくサブアタッカーなど他のポケモンを絡めたい。ゼラレックに限らないが青天井系は結構勝つのが難しい。

VSロストマーチ 普通

フリーザーでワタッコをワンパンしつつエネルギーを貯めていく。キングザブーンすれば全て滅ぼせるがワタッコがホエルオーをワンパンできるのが注意。

フリーザー壊滅をいかに防ぐかが課題。

VSセレビィ&フシギバナ 無理

ホエルオーをワンパンしてくるポケモン。倒すのはかなりしんどい、というかよほど相手が事故らないと無理。

VSジラーチサンダー 有利

フリーザーでグズマの魔の手からベンチを守れる。また、フリーザーがアサルトサンダーにワンパンされないことやジラーチをワンパンできるのがポイント。

とはいえあなぬけの紐などかなりめんどくさいこともしてくる。

コイキング&ホエルオーの負け筋

さてここでは理想ムーブを書いてきましたが当然それができず負けることもあります。

主な負け筋としては進化ポケモンが立てられないことです。

このデッキは進化ポケモンが二つのライン混合してますから噛み合わないなんてことも起こりそうですね。

そうです。また、せっかく立ててもフリーザーを上手く並べられずにサンダーなどに狩られてしまう、なんてこともたまに起きます。

あとはタッグチームからスタートしてしまうという事故。今回のデッキはタッグチームを3枚入れてるため俗に言うテテフスタートくらいの確率でそれが起きてしまいます。

タッグチームはエネルギーをかなり溜めない限りは動けない、逃げられない何もできないポケモンです……こいつからスタートしてしまうと上手いこと入れ替えたり回収しないとそのまま負けてしまうことでしょう。

しかしアセロラがあるなら話は別ですね!ホエルオーを壁にするタイプのルガゾロを見れば明らかなようにこのポケモンは優秀な壁にもなります。

そうですね。あと、これは負け筋というより注意点ですがトキワの森の使い方にも注意です。このカードは相手にも利用されてしまいます。実際、上手く相手にトキワの森を使われて負けてしまう、なんていう試合は多々あるので使う時は考えてから使いましょう。

まとめ

コイキング&ホエルオーGXは強いですが、環境トップのピカチュウ&ゼクロムに隠れた強デッキという立ち位置を築くことができました。

次のナイトユニゾン環境であれば、おそらく環境を制圧しうるパワーをピカゼクデッキが持っています。

ピカゼクデッキは強いですが、その分ピカゼクデッキがかなり意識されコイキング&ホエルオーGXが対策されるなんてことはおそらくほぼないでしょう。

なのでコイキング&ホエルオーGXデッキはナイトユニゾン環境ではメタられず強い安定したパワーを発揮できるデッキとして活躍することが予想されます。

ボルケニオン◇を使わなければ比較的安価で組めるこのデッキをサブ・メインデッキにするのはいかがでしょうか。

【ナイトユニゾン】ヌオーの評価!水エネで動く闘タイプ・強力なGXメタ
ヌオー(ナイトユニゾン)の評価! 評価:8.5点 ヌオー HP120 1進化 闘タイプ 水...

ナイトユニゾンの通販予約最安値は?

駿河屋は品切れ、Amazonはプレミアム価格がついているが稀に定価予約が再開していることがある。こまめにチェックしよう。

タイトルとURLをコピーしました