【ポケカ】ダークオーダーのカードリスト一覧と評価[SM8a]

カードリスト
スポンサーリンク
ポケタク公式Twitterアカウント

ダークオーダーは2018年12月中旬再販!

ダークオーダーは2018年12月中旬(20日前後)に再販情報が入っている。

「タッグボルト」更には近日発売の「ナイトユニゾン」のタッグチームGX等、取り巻く環境は変化しつつあるが、いまだに高値をキープし続けている「ジラーチ」等の流出量が増えるのは喜ばしい。

ダークオーダーの注目カード(タッグボルト環境以降)

「ダークオーダー」は雷・悪・鋼の強化パック。

「ピカチュウ&ゼクロムGX」も登場した雷は依然根強い人気を誇り、悪は「ナイトユニゾン」の「ゲッコウガ&ゾロアークGX」で環境トップ入りがささやかれている。

鋼も1月下旬発売の「フルメタルウォール」で強化されることが噂されており(メルメタルGX等)、いずれもが2018-19冬発売のパックとシナジーがある。

ジラーチ

タッグチームGXの登場以降、サイドレースで負けやすい「カプ・テテフGX」が負け筋となる確率は上がっている。1枚しかサイドをとられない「ジラーチ」の需要はあがり続けている。

ガオガエンGX

「ナイトユニゾン」収録の「ゲッコウガ&ゾロアークGX」のワザ「あくのはどう」の打点確保として。特性1回で90打点追加。

クチナシ

CL新潟等、アローラベトベトンやゾロアークGX絡みのデッキでいぶし銀の活躍をみせた。

ブラックマーケット プリズムスター

「ナイトユニゾン」等、悪強化の環境は続く。上書きされやすいプリズムスタースタジアムであるため、主軸とすることは難しいがサイドレースを大いに覆す以上強力なカード。

カプ・コケコ プリズムスター

圧倒的な火力とエネ加速手段を両立させる「ピカチュウ&ゼクロムGX」等、雷デッキを取り巻く環境は常に優遇されている。雷デッキの汎用カードとしてはこのカードと「エレキパワー」があり、場に居残ることなくエネ加速できる汎用性が売り。

ダークオーダーを通販で購入する

炎ポケモン[ダークオーダー] 一覧

ニャビー

カード解説

カード評価 6.5

・悪タイプの「ガオガエンGX(SM8a)」に対応するかのように、ワザエネルギーの色を選ばないニャビー。悪タイプではないため、「ガオガエンGX(SM8a)」主軸のデッキでは色のバラツキに注意。

・炎エネルギーが必要だがHP70の「ニャビー(SM1+)」、HP60と同等だが無「もってくる」で山札ドローが可能な「ニャビー(SM1P)」(月刊コロコロコミック2017年1月号付録「イワンコ全力デッキ」)等がライバルか。しかしイワンコ全力デッキのニャビーは現在1枚280円程度とやや高めで取引されている点に注意。

・ただし素早く進化させてしまうことを念頭に置くならば大差はないかもしれない。「ウツギ博士のレクチャー」対応なことを活かそう。

・逆に、悪タイプのガオガエンGXデッキにおいてウツギ博士のレクチャーを採用するのであればこちらのニャビーが優先的に採用されるといえる。デッキによって使い分けよう。

ニャヒート

カード解説

カード評価 5.0

205/SM-P [P] : ニャヒート017/072 [C] : ニャヒートと違い、無色エネルギーだけでわざを使うことができる。

・悪タイプのガオガエンデッキを使うのであればこちらのニャヒートが優先して採用されるだろう。

・しかしガオガエンGXデッキの関係上、ガオガエンはふしぎなアメで進化するケースも珍しくない。ニャヒートの採用枚数はデッキによっては抑えられる可能性がある。

・特にガオガエンGXを採用する場合は、いかに短いターンで場に立て、エネ加速(デッキ圧縮)するかが肝となる。そのため余分に1ターンかかる通常進化は好まれないことが多く、ニャヒートも必然的にカットされる。

雷ポケモン[ダークオーダー] 一覧

サンダー

カード解説

カード評価 7.5

・条件を満たせば1エネで破格の80ダメを出すことができる。

・ゼラオラの迅雷ゾーンの効果やグズマを発動させることでベンチとバトル場を出たり戻ったりすることで条件を満たしながら発動しよう。

・非GXデッキとしてたねポケモンをワンパンできるアサルトサンダーが重宝され、特にジラーチとの組み合わせは「ジラーチサンダー」として多くの大会で結果を残してきた。しかし現在は進化に頼らず、さらにアサルトサンダーでは打点が足りなさすぎるタッグチームGXが台頭してきたため、数を減らしている。

・相性が良いカードとしてはドロソ及びサーチ手段としての「ジラーチ」、サンダーで足りない打点の範囲を補う「カプ・コケコGX」「ゼラオラGX」「サンダースGX」およびエネ加速手段としての「カプ・コケコ プリズムスター」等。いずれも雷デッキであるため、「エレキパワー」による火力増強がおいしい。

第4回193カップ優勝:ジラーチサンダーサンダースGXゼラオラコケコ他

【シティーリーグ新潟優勝】ジラーチサンダーゼラオラコケコ デッキレシピ

サンダーの裁定(Q&A)

サンダー単体

Q: 前の相手の番に、自分のバトルポケモンがきぜつし、ベンチのサンダーをバトル場に出しました。
次の自分の番、サンダーのワザ「アサルトサンダー」を使った場合、70ダメージを追加することはできますか?

A: いいえ、できません。

メリープ

カード解説

カード評価 4.5

・ダークオーダー収録時点でのメリープの中では最もHPが高くワザの威力が高い。しかし雷エネルギーをトラッシュするデメリットがあるので好みや自分の戦略にあったメリープを選ぶといいだろう。

・一応、「サンダーマウンテン」があればエネルギーなしで攻撃出来るので覚えておいて損はない。

・あくまで進化後のつなぎとして割り切るなら超爆インパクト収録の特性を持ったメリープのほうが使いやすいか。

モココ

カード解説

カード評価 4.0

・特に大きな特徴もなく、「ふしぎなアメ」で飛ばされてしまうことがほとんどだろう。

・雷雷「ショックボルト」は自分の付いている雷エネルギーを全て剥がしてしまうため、使う際は注意が必要。

デンリュウGX

デンリュウGX

カード解説

カード評価 7.0

・エレキパワー回収能力を持ち、エレキパワー4枚を「パワーリチャージ」で回収することで1エネ150打点を出せる。

・ワザ「インパクトボルト」も、「サンダーマウンテン」下なら1エネ・1エネトラッシュの150ダメージと強力で、そこに「エレキパワー」を重ねれば進化ポケモンGXやタッグチームも圏内となる。臨機応変な火力操作が魅力。

・しかし2進化GXであるという点が雷デッキ特有の速攻性と噛みあいにくく、また重火力系アタッカーとしても「ピカチュウ&ゼクロムGX」の壁が分厚い。進化前のメリープやふしぎなアメを多数搭載しなければならず、それでいて倒されると2枚サイドを取られてしまう点が足を引っ張っているといえる。

デンリュウGXの裁定(Q&A)

デンリュウGX・エレキパワー

Q: デンリュウGXがワザ「パワーリチャージ」を使ったとき、トラッシュにあるグッズ「エレキパワー」を手札に加えないことはできますか?

A: いいえ、できません。
トラッシュにグッズ「エレキパワー」がある場合、必ず手札にもどします。

シママ

カード解説

カード評価 7.0

・「シママ(SM7a)」と比べるとHPが10低い代わりに、ワザが優秀。

・雷「おとどけダッシュ」は「エレキパワー」限定だが山札から2枚もサーチすることができる。「エレキパワー」自体、雷デッキならば汎用性の高い威力増強手段であり、重ねがけも利くため、いざという時の奇襲に極めて有効。

・進化ラインとしても「ゼブライカ(SM7a)」の特性「はやがけ」が展開促進として強い。雷デッキのスピード増強に役立つだろう。

・HP60というデメリットも、「ウツギ博士のレクチャー」対応と考えればメリットに変わる。ロストマーチデッキのような低HPポケモンが多いデッキでの採用が見込まれる。

シママの裁定(Q&A)

シママ・エレキパワー

Q: シママのワザ「おとどけダッシュ」を使ったとき、グッズ「エレキパワー」がトラッシュに4枚ある場合、山札を見ることはできますか?

A: いいえ、できません。

ゼブライカ

カード解説

カード評価 5.0

・雷無「しゅうげき」は進化ターン限定だが2エネ120打点というコスパのよさが魅力。しかし1進化ポケモンに多い130ラインには届かず、2ターン目以降は2エネ30ダメージという貧弱なワザになってしまうため、一発屋になりやすい。「ダブル無色エネルギー」非対応なのも痛い。

・同一進化ラインの「ゼブライカ(SM7a)」の優秀さが際立つため、こちらをあえて採用しようという気になりにくいのも考えどころ。

ゼブライカの裁定(Q&A)

ゼブライカ・メタモン◇

Q: この番に、特性「なんでもしんか」を持つメタモン◇(プリズムスター)から進化したゼブライカがワザ「しゅうげき」を使った場合、ダメージを追加することはできますか?

A: いいえ、できません。

エモンガ

カード解説

カード評価 7.5

・特性「ほっぺのつどい」で「ほっぺすりすり」を持つポケモンをサーチする事が出来る。

・「ほっぺすりすり」は自分を含めて「パチリス(SM5m)」「トゲテマル(プロモカード)」「ピカチュウ(スペシャルBOXミミキュだよ収録のプロモカード)」(サン&ムーン プロモカードパック第4弾)」となる。

・その中でも「パチリス(SM5m)」は優秀でエモンガでエモンガをサーチし続け、最後にパチリス、バトル場のポケモンとパチリスを交代してパチリスのワザ「すりすりはつでん」を使えれば、「ほっぺすりすり」を持つポケモンに基本雷エネルギーをつけることが出来る。

・ベンチにポケモンを一気に増やせる点、ポケモンにエネルギーを付けれるコンボから「カプ・コケコ◇」と「カプ・コケコGX」のコンボとして発揮出来るだろう。

・ほっぺすりすりデッキは、プロモカードのピカチュウの入手難易度が高く高額になりやすいが優勝実績もある。使用者が爆発的に増えることはまずないが、特化デッキとして一定の評価を得ている。

【ポケカ】ライチュウGX採用ほっぺすりすりデッキ!【優勝デッキレシピ】

バチュル

カード解説

カード評価 5.0

・ワザは微妙だが、ダークオーダー時点のスタンダードレギュレーションでバチュルはこのカードしか存在しない。

デンチュラ

カード解説

カード評価6.5

・特性「きんちょうかん」でグッズとサポートの効果を受けないのでエネルギーをトラッシュされたりせず、安定して戦うことが出来る。

・雷「スパイダースレッド」はダメージこそ40と少ないもののトラッシュの好きなカードを1枚手札に加えられる。

・トラッシュから種類を問わず、手札に加えられるカードは少ないため、低スペックな点を補えるような構築なら活かせる可能性も秘めている。

デンチュラの裁定(Q&A)

デンチュラ単体

Q: デンチュラのワザ「スパイダースレッド」を使ったとき、トラッシュにカードがある場合、カードを1枚も手札に加えないことはできますか?

A: いいえ、できません。

デンチュラ・あなぬけのヒモ

Q: 相手のバトル場に、特性「きんちょうかん」がはたらいているデンチュラがいるとき、グッズ「あなぬけのヒモ」を使った場合、デンチュラと相手のベンチポケモンを入れ替えることはできますか?

A: いいえ、できません。

デンチュラ・改造ハンマー・ダブル無色エネルギー

Q: 特性「きんちょうかん」がはたらいている相手のデンチュラに「ダブル無色エネルギー」がついているとき、グッズ「改造ハンマー」を使って、デンチュラについている「ダブル無色エネルギー」をトラッシュすることはできますか?

A: いいえ、できません。

アカギ◇・デンチュラ

Q: 自分のバトル場に水ポケモンがいて、相手のベンチに特性「きんちょうかん」を持つデンチュラが4匹いるとき、サポート「アカギ◇(プリズムスター)」を使った場合、デンチュラを相手の山札にもどすことはできますか?

A: はい、できます。
サポート「アカギ◇(プリズムスター)」の効果は、プレイヤーにかかる効果であるため、この場合、デンチュラを相手の山札にもどすことができます。

エリキテル

カード解説

カード評価 5.0

・妨害目当てであればでんきショックでマヒを狙えるエリキテルのほうが優秀。

・こちらはバチバチの威力が40と進化前ポケモンにしては高い。いざというときにトドメを狙うのであればこちらのエリキテルが優先されるだろう。

・現環境ではHP60のエリキテルしかいないため、HPで優先されるということはない。

エレザード

カード解説

カード評価 5.5

・雷「でんじスパーク」はベンチのポケモンにも30ダメージを与えられる。

・雷無無「ボルトチェンジ」は90ダメージを与えた後、ベンチの雷ポケモンと入れ替える。

・しかし、1進化でこの能力は乏しいと言わざるを得ない。

カプ・コケコ

カード解説

カード評価 9.5

・現在の雷タイプを支えるカード。雷デッキの中心的立ち位置にいる。

・特性「せんじんのまい」はベンチに入れば、ベンチポケモン2匹にトラッシュにある雷エネルギーを1つずつ付けることが出来る。

・雷エネルギー2つで動ける強力なポケモンは「デンリュウGX」、「サンダーマウンテン」があれば「ゼラオラGX」も「カプ・コケコ◇」の特性で動けるようになる。当然「ピカチュウ&ゼクロムGX」のようなワザエネの重いカードにも使え、また「サンダー」のような速攻型のアタッカーのエネ補充にも使える。

・また「カプ・コケコGX」の特性「エアロトレイル」で瞬時に雷エネルギーを集めてワザを打てる準備もできるため、エネ加速を必要とする雷デッキでは、もはや採用しない理由がないほど汎用性のあるカード。

・ロストゾーンに行ってしまうという効果も、見方を変えれば特性使用後にサイドを取られる心配がないということなのでメリット。

カプ・コケコ◇の裁定(Q&A)

カプ・コケコ◇単体

Q: トラッシュに雷エネルギーが1枚もないとき、カプ・コケコ◇(プリズムスター)の特性「せんじんのまい」を使うことはできますか?

A: いいえ、できません。

Q: ベンチポケモンがカプ・コケコ◇(プリズムスター)のみのとき、カプ・コケコ◇(プリズムスター)の特性「せんじんのまい」を使うことはできますか?

A: はい、できます。
その場合、エネルギーのついたカプ・コケコ◇(プリズムスター)をロストゾーンにおきます。

カプ・コケコ◇・メタモン

Q: メタモンの特性「へんしん」の効果で、メタモンをカプ・コケコ◇(プリズムスター)にし、カプ・コケコ◇の(プリズムスター)の特性「せんじんのまい」を使った場合、メタモンはロストゾーンに置きますか?

A: いいえ、ロストゾーンにおきません。
この場合、メタモンはトラッシュされます。

闘ポケモン[ダークオーダー]一覧

ヨーギラス

カード解説

カード評価 5.0

・進化前たねポケモンにしてはもっとも高いHP70である。

超爆インパクトのヨーギラスはベンチアタックに対して耐性があるもの、あるいは闘弱点のタッグチームGXを一撃で倒すポテンシャルを秘めている。そちらのほうが優先されるだろうか。

サナギラス

カード解説

カード評価 4.5

・ワザは状況次第で勝利をつかみに行く効果を持っているが、生かせる機会が限定的なものであるのがネックか。

超爆インパクト収録のサナギラスが強いためそちらが優先されるだろう。

ヤンチャム

カード解説

カード評価 5.0

・無無「つっぱり」はコイントスが成功しないとワザが失敗してしまう。

・ただ、成功すれば40ダメとエネルギートラッシュが狙えるので強力ではある。ギャンブル要素が強いのでさっさと進化したい。

・幸いHP60のため「ウツギ博士のレクチャー」でサーチできる。

悪ポケモン[ダークオーダー] 一覧

アローラベトベター

カード解説

カード評価 7.5

・「アローラベトベトンGX(SM3H)」と同じ「ケミカルブレス」を持つが、ダメージ上昇率が低い、いわば軽量版のようなカード。

・最大の利点は悪タイプであるということ。「クチナシ」対応で、クチナシの効果で場に出した直後に強力な特性ロック「かがくのちから」を持つ超タイプの「アローラベトベトン」に進化できる。

・CL新潟では優勝者がこの「アローラベトベター」、かがくのちからアローラベトベトン、クチナシを採用した「ルガゾロ」を使用していた。ジラーチサンダーにおけるジラーチ等、たねポケモンの特性に依存したデッキが多かったことに起因している。

【ポケカ】アローラベトベトンの評価と解説!CL新潟でも注目の再録需要大カード

CL新潟 優勝「ルガゾロ」準優勝「ウルトラネクロズマ」他デッキレシピが公開

・ワザ「ケミカルブレス」も「ダブル無色エネルギー」対応で120打点以上を見込めるため強力だが、現状あくタイプだと「アローラベトベトン(SM8a)」「アローラベトベトンGX(SM3H)」のGX技「トライハザードGX」くらいしか特殊状態に出来る技がない。純粋なあくデッキで「ケミカルブレス」を活かすとなると難しいかもしれない。

・HPは70のため、ベンチアタックには強い。

・にげるコストは無無無と重いため、バトル場にいる場合は早急に進化していきたい。

アローラベトベトン

カード解説

カード評価 6.0

・特性「いかものぐい」は相手のグッズを腐らせると同時に、相手のデッキ枚数を減らすことができる。多くのグッズをトラッシュに送ることができれば相手の展開を遅らせることができるだろう。

・「ダストダス(SM4+)」の技「ゴミなだれ」とのコンボが考えられる。

セレビィ◇(SM8)の技「ときのひずみ」を使って「アローラベトベトン(SM8a)」を退化させた後、再び進化し、特性「いかものぐい」を再び使用することで「ダストダス(SM4+)」の技「ゴミなだれ」の威力を上げていくのである。

・悪無無「ダストシュート」はあくタイプのポケモンで状態異常をまける技として希少なため、「ブラックマーケット ◇」ミラーでの対策方法となりうるか。

・決して弱いカードではないのだが、アローラベトベトンとしては特性「かがくのちから」が圧倒的にメジャー。

アローラベトベトンの裁定(Q&A)

アローラベトベトン単体

Q: 相手の山札が5枚以下のとき、自分のアローラベトベトンの特性「いかものぐい」を使うことはできますか?

A: はい、できます。

バンギラス

カード解説

カード評価 7.5

・非GXの2進化ポケモンとして最高峰のHP170。

・非GXの悪ポケモンであるため、「ブラックマーケット プリズムスター」下ではサイドを取られず、その中でも最高峰の単体性能を誇る。

・悪無無「スピンテール」は「ダブル無色エネルギー」対応に加え、全体30ダメージと進化ポケモンデッキのたねポケモンに対して強烈な負荷をかけるワザ。

・悪無無無「かみちぎる」はGXポケモンに対して230という超高打点。「こだわりハチマキ」を付ければ260ダメージとなり、「ソルガレオGX」や悪抵抗込みで「サーナイトGX」も倒せるようになる。非GXポケモンに対しても1進化ポケモンを大体ワンパンできる130ダメージを出せるため、力押しとはいえ総じてハイスペックなポケモン。

・弱点はエネルギーの重さ。悪ポケモンは総じてエネ加速手段に乏しいため、その煽りを諸に受けている。また進化前の「ヨーギラス」「サナギラス」がいずれも優秀とはいえ闘ポケモンであるため、悪タイプ専用のコンボが使えないのもネック。

・同一の進化ラインに「バンギラスGX(SM8)」がいるため、混合デッキも候補に挙がる。

https://pokemon-tactics.site/2018/08/25/chobaku_tyranitor/

ポチエナ

カード解説

カード評価 7.0

・やみのとおぼえは悪タイプのポケモンを2枚もサーチすることができる。無色エネルギーで使えるかわりにフーパGXのローグリングの悪ポケモン限定版といったところ。

・HPも70と進化前たねポケモンでは最高のHPを持つが、ウツギ博士のレクチャーに対応していない点には注意。

・欠点は進化後のグラエナが後述のものしかなく、進化先が微妙なところ。グラエナGXなど、強いグラエナが来れば一気にこのカードの評価も変わるかもしれない。

グラエナ

カード解説

カード評価 6.0

・無無「あんこくキバ」が優秀でダブル無色エネルギー1枚で相手の手札を1枚ハンデスできる。

・しかし、使い勝手は良くても1枚ではどうしようもない点が多く、結果的にパワー不足とみなすしかない。

アブソル

カード解説

カード評価 8.0

・特性「あくのはき」によって相手のたねポケモンは逃げるエネルギーが1つ多くなる。

・相手にとっては気絶しそうなポケモンを逃したり、攻撃に転じたい時に余計なコストが掛かるのは厄介なことで拘束力としてはなかなか悪くない。

・そして、ワザ悪無無「シャドーシーカー」は相手のバトルポケモンの逃げるエネルギーの数だけ30上がる。

・真価は「アブソル(SM8a)」が4匹入れば、たねポケモンの場合、30+120となり、150ダメージを最低飛ばせるようになる。

・問題は「たねポケモン」限定のため、進化ポケモンには無力な点、そして「ゼラオラGX」がいるだけで特性によってアブソルの特性は無力になってしまう点がある。その点を留意できれば専用デッキを作成することも、サポートとして隠し玉として採用するのも悪くないだろう。

・ジラーチサンダー環境では「ラナキラマウンテン」と合わせたりして、エスケープボードでジラーチを逃がさないメタカードとして活躍。ジラーチの評価の上昇につれ、評価見直しされた。

アブソルの裁定(Q&A)

アブソル単体

Q: 自分の場に特性「あくのはき」を持つアブソルが2匹いるとき、相手のバトル場にいるたねポケモンの、にげるために必要なエネルギーは2個多くなりますか?

A: はい、2個多くなります。

ミカルゲ

カード解説

カード評価 7.0

・ワザのエネルギーを選ばない、どのタイプのデッキにも適応するサポーター気質のポケモン。

・無「ソウルコンプレッサー」で山札圧縮とトラッシュ肥やしを両立できる。現環境では唯一無二の性能であり、一部デッキのコンボパーツとなることが期待される。しかし特性ではなくワザであるため、1ターンの猶予を相手に与えてしまう点が難しい。

・公式で紹介されているとおり、「ゾロアーク(SM8a)」のワザ「ナイトパニッシュ」のトリガーとなる。

ミカルゲの効果と評価!相性のいいカードは?【ダークオーダー】
ミカルゲ(ダークオーダー)の評価! 評価 8.0点 ミカルゲ(ダークオーダー)の効果と解説 ...

ゾロア

カード解説

カード評価 4.5

・ウルトラシャイニーでも再録された「ゾロア(SMH)」なら攻撃ができるため、こちらのゾロアが使われることはあまりないかもしれない。

ゾロアーク

カード解説

カード評価 7.0

・一度トラッシュを肥やしてしまいさえすれば、無条件で200ダメージを連発できる「ナイトパニッシュ」が強力。「こだわりハチマキ」込みで230打点となり、「ブラックマーケット◇(プリズムスター)」込みでサイドレースにかなり強く出られる。

・「ナイトパニッシュ」が悪無無と「ダブル無色エネルギー」対応なのも高評価。優秀な「ゾロアークGX」と同じ進化ラインなため、ゾロアークデッキのパワーアタッカーとしての採用も期待される。

・公式で紹介されているとおり、「ミカルゲ(SM8a)」のワザ「ソウルコンプレッサー」の効果がトリガーとなる。

ゾロアークの効果と評価!相性のいいカードは?【ダークオーダー】
ゾロアーク(ダークオーダー)の評価! 評価 8.0点 ゾロアーク(ダークオーダー)の効果と解...

バルチャイ

カード解説

カード評価 6.0

・HP60のため、「ウツギ博士のレクチャー」のサーチ対象。

・エネルギーはワザも逃げるも一つだけのため、扱いやすい。

・無「もってくる」は1枚ドロー、悪「どつく」は10ダメージ。扱いやすいが、低いステータスなので早めに進化したい。

・闘に対して抵抗を持つ数少ないあくタイプのため、悪主体のデッキの際は闘との対面で時間稼ぎも期待できる。

バルジーナ

カード解説

カード評価 6.0

・イベルタルGXと同じく、闘に対して抵抗を持つのでメタとして運用できる。

・悪「ゴミおとし」はグッズを手札から捨てる必要があるが、ベンチにも60ダメージを与えられる優秀な技である。

・悪無無「ブレイブバード」は120ダメージを与える代わりにこちらも30ダメージを受ける。相手のポケモンを倒しやすくなるかわりに倒されやすくもなる諸刃の剣なので「ブラックマーケット◇」と併用するなどしてデメリットをなるべく補えるように工夫したい。

ゴロンダ

カード解説

カード評価 7.0

・ハンデスの枚数としては初めての2枚ハンデスのワザ悪無無「シメる」。
そして、ハンデス系のポケモンとしては最大級のダメージ170だが、こんらんしてしまうワザ悪無無無「あばれまわる」もつ。

・わざはコストが重く、ハンデスもポケカにおいては「シロナ」などのため、あまり影響がないが、今までのハンデスポケモンと違い「ブラックマーケット◇」に対応しているのでサイドを取りづらくする点は強い。
ハンデスカードにしては強力な攻撃技を持っている点が優秀なため、ハンデスデッキとしてはぜひ採用したいカードである。

ゴロンダの裁定(Q&A)

ゴロンダ単体

Q: 相手の手札が1枚のとき、自分のゴロンダがワザ「シメる」を使った場合、相手は相手自身の手札を1枚トラッシュしますか?

A: はい、トラッシュします。

イベルタル

カード解説

カード評価 8.5

・珍しい抵抗力と使いやすいワザを持つ。

・逃げるエネルギーが必要がないため戦術に無理なく組み込むことができて使いやすい悪タイプのポケモン。

・悪「くつがえす」は1エネ30打点+特殊エネルギートラッシュと破格の性能。回収の利かない特殊エネルギー依存の立ち回りに刺さる。

・その性能が評価されたからか、ダークオーダーのレアの中でも高いほうのカードである。

【ポケカ】イベルタルの効果と評価!ダークオーダー収録[SM8a]
イベルタル(ダークオーダー )の効果テキスト HP 110 悪 くつがえす 30 相手のバ...

フーパGX

カード解説

カード評価 8.0

・「クチナシ」「ダークライGX」「ダークライプリズムスター」と相性が非常に良い。
詳しくは下記記事を参照。

フーパGX(ダークオーダー収録)の評価!ダークライと相性抜群
「フーパGX(ダークオーダー収録)」の評価と効果 《フーパGX》 たね HP190 悪 悪 ...

フーパGXの裁定(Q&A)

フーパGX単体

Q: 自分のフーパGXがGXワザ「デビルハンドGX」を使い、相手の「ポケモンGX」6匹を1回ずつえらんだとき、えらんだ「ポケモンGX」全員に、それぞれ180ダメージを与えることはできますか?

A: いいえ、できません。
この場合、えらんだポケモンにそれぞれ30ダメージを与えます。

Q: 自分のフーパGXのGXワザ「デビルハンドGX」を使い、HPが150の相手の「ポケモンGX」を6回えらぶことはできますか?

A: はい、できます。
その場合、えらんだポケモンに180ダメージを与えます。

Q: 相手の場に、「ポケモンGX・EX」がいないとき、フーパGXのGXワザ「デビルハンドGX」を使うことはできますか?

A: はい、できます。
その場合、自分はGXワザを使ったことになり、その対戦中は、ほかにGXワザを使うことはできなくなります。

フーパGX・喰いつくされた原野

Q: 場にスタジアム「喰いつくされた原野」が出ていて、自分のフーパGXのGXワザ「デビルハンドGX」を使ったとき、相手のバトル場の「ポケモンGX」を6回えらんだ場合、240ダメージを与えることはできますか?

A: いいえ、できません。
この場合、えらんだポケモンに190ダメージを与えます。

ガオガエンGX

RR:ガオガエンGX

SR:ガオガエンGX

カード解説

カード評価 8.5

・2進化GXポケモンとしても最高峰のHP250。ただし特性を使うことにより実質HPはやや下がる。きずぐすりなどで回復をしよう。

・進化前の「ニャビー」「ニャヒート」(炎タイプ)と色が異なるが、ワザはいずれも無色エネルギーのみ。しかし特性「スカーチャージ」の対象は悪エネルギーだけなので、悪デッキでの採用が無難。

・2進化ポケモンのため「ふしぎなアメ」の採用が必要になるが、特性のおかげで最速2ターン目からワザ無無無「クラッシュパンチ」を放つことができ、「クラッシュパンチ」は130ダメの為、非GXたねポケモンならほぼ1発できぜつ、それ以外は2進化GXポケモンラインであるHP250ラインに2発で届いてしまう。

・更に特殊エネルギーまで剥がすことが可能なため、「ダブル無色エネルギー」等で攻撃の展開を早めようとすることも許されない。

・またアタッカーとして以外でも、「ナイトユニゾン」収録の「ゲッコウガ&ゾロアークGX」との相性の良さが公式でも示唆されている。

・ワザ「あくのはどう」は自分の場全体の悪エネルギーを参照とするため、エネタンクとしてのスカーチャージを有効活用できる。
また「ナイトユニゾンGX」により、いきなり2進化のガオガエンGXをベンチに出せるため、コンボとして相互関係にある。

【ポケカ】ゲッコウガ&ゾロアークGXの効果と評価!ナイトユニゾン収録
収録パック:ナイトユニゾン ゲッコウガ&ゾロアークGXタッグチームのカードテキスト(効果) たね...

ガオガエンGXの裁定(Q&A)

ガオガエンGX単体

Q: 自分の山札が2枚しかないとき、ガオガエンGXの特性「スカーチャージ」を使った場合、ガオガエンGXにのせるダメカンの数はいくつになりますか?

A: 3個になります。

Q: ガオガエンGXの特性「スカーチャージ」を使ったとき、自分の山札にある悪エネルギーを1枚もガオガエンGXにつけなかった場合、ガオガエンGXにダメカンを3個のせることはできますか?

A: はい、できます。

ガオガエンGX・特殊悪エネルギー

Q: ガオガエンGXの特性「スカーチャージ」を使ったとき、山札にある「特殊悪エネルギー」3枚を、ガオガエンGXにつけることはできますか?

A: はい、できます。

鋼ポケモン[ダークオーダー] 一覧

ジラーチ

カード解説

カード評価 9.0

・HPやワザは非GXたねポケモンとしても貧弱なため、特性の一点採用となる。

・特性「ねがいぼし」は山札を5枚めくり、その中から好きなトレーナーズを手札に加えられる能力。特性なため即座にそのトレーナーズを使うことができ、なおかつ現環境でトレーナーズがほとんど入っていないデッキはほぼ存在しないことから、状況に応じて器用に立ち回ることができる。

ジラーチの評価!カプ・テテフGXを凌駕する勢いのサポートカード
ジラーチ(ダークオーダー)の効果と解説! HP70 タイプ:鋼 特性 ねがいぼし このポケ...

・「カプ・テテフGX」が最大のライバルとされていたが、サイドレースがシビアになった現環境では置物となったテテフが負け筋となるケースも多い。そのため相性の良いジラーチサンダー以外でも、ジラーチの活躍の場は増えている。

・環境を大きく席捲したカードであるため、かがくのちからアローラベトベトン等のメタカードも台頭した。ジラーチを採用するデッキは必然的にドローソースとしてのサポート(シロナ、エリカのおもてなし等)が少なくなる傾向があるため、余計に刺さりがよくなる点に注意。

ジラーチの裁定(Q&A)

ジラーチ単体

Q: 自分の山札が0枚のとき、自分のジラーチの特性「ねがいぼし」を使うことはできますか?

A: いいえ、できません。

Q: ジラーチがねむりのとき、ジラーチの特性「ねがいぼし」を使うことはできますか?

A: はい、できます。

Q: 自分の山札が4枚以下のとき、自分のジラーチの特性「ねがいぼし」を使うことはできますか?

A: はい、できます。

Q: 自分の山札が4枚以下のとき、自分のジラーチの特性「ねがいぼし」を使うことはできますか?
A: はい、できます。

Q: ジラーチの特性「ねがいぼし」を使ったとき、山札を上から5枚見て、トレーナーズがありませんでした。
この場合、特性「ねがいぼし」を使ったジラーチは、ねむりになりますか?

A: はい、なります。

ドーミラー

カード解説

カード評価 7.0

・進化前たねポケモンとしても低めのHPだが、特性「ぬけがけしんか」が優秀。手札に「ドータクン」さえあれば、無防備な状態のドーミラーを放置することなく進化できる。

・「ドータクン(SM8a)」も炎メタとして優秀だが、XYシリーズの特性「メタルチェーン」のドータクンはさらに優秀。トラッシュの鋼エネルギーをベンチポケモンに付けられるため、エクストラレギュレーション等のルールで重宝されるだろう。

【初心者向け】ポケカのレギュレーションとは? 9月からはスタンダードレギュレーションが変わる!
レギュレーションとは、公式が定めるルール規定のこと! そういえば、前々から...

ドータクン

カード解説

カード評価 7.5

・1進化非GXポケモンとして高めのHP130に、重いにげるエネルギーを持つ。

・特性「たいねつ」は「ドータクン(SM8a)」自身の弱点でもある炎タイプのポケモンからのダメージをシャットアウト。今まで炎デッキにワンサイドゲームを決められやすかった鋼デッキの切り替えしになり得る。

・環境の炎デッキには「マグカルゴGX」や「ズガドーンGX」等がある。特に「ズガドーンGX(SM8)」はGX技でサイドレースを有利に進めながら、短期決戦を狙うデッキ。同時採用されやすい「アーゴヨン(SM8)」に対しても超抵抗を持っているため、かなり強力なメタカードとなっている。

・進化前の「ドーミラー(SM8a)」の特性のおかげで展開が早いのも特徴。ワザ「あやしいこくいん」も確定混乱といやらしい性能だが、特性ありき且つ相手のデッキ依存なカードであるため注意が必要。

・総じて軸ではなく、鋼デッキの補完としての採用価値があるポケモンだといえる。

テッシード

カード解説

カード評価 6.0

・よくも悪くも、ダークオーダー発売時点ではテッシードはスタンダードレギュレーションにおいてこのカードしか存在しない。そのため、ナットレイを使うのであればこのテッシードを使うしか選択肢はないだろう。

・逃げるエネルギーが非常に必要なので注意。

ナットレイ

カード解説

カード評価 6.5

・1進化ポケモンとして平均的なHPに、かなり重めなにげるエネルギーを要する。

・鋼「ガードプレス」は攻防一体のワザだが、流石に20打点は低すぎる。

・無無無「スローンポッドスロー」は最大100ダメージを相手のベンチポケモンに与えられるワザだが、必要エネルギーの量を考えると難しい。しかしワザに必要な3エネでも60打点となり、「ウツギ博士のレクチャー」対応のたねポケモンを倒せる値である点は評価できる。

・色々サポートが必要な割には癖の強い性能であるため、現時点では専用デッキを組まないと少々活躍は難しいか。今後の鋼サポートに期待しよう。

コマタナ

カード解説

カード評価 6.5

・「ウツギ博士のレクチャー」対応のHP60。

・鋼「こうちょく」で時間稼ぎはできるが、進化後の「キリキザン(SM8a)」自体ワザエネルギーをあまり要さないポケモンであるため、このポケモンが場に出てしまうようなことはなるべく避けたい。

キリキザン

カード解説

カード評価 7.5

・1進化ポケモンとして低めのHP110、更には重い逃げるエネルギー。

・鋼「いってんづき」はダメージを受けていない状態なら1エネ120打点という速攻打点。HPを回復あるいは「キリキザン」ごと回収すれば、軽いワザエネルギーも相まって120打点を保つことができるだろう。

鋼タイプであるため「サーナイトGX」「アローラキュウコンGX」2種の弱点を突け、ワンパンできる。フェアリー系の構築をかなり動きにくくさせる。

・120ダメージという打点を足りないとみるか、充分とみるか。HPが低めなため、相手のポケモンGX等に一撃をとられやすく(「ゾロアークGX」のライオットビートを耐えられない等)、サイドレースに打ち勝つ工夫は必要になる。

コバルオンGX

カード解説

カード評価 7.0

・GXたねポケモンとしては平均的なHP170に、サポーター的な特性を持つ。

・特性「メタルシンボル」は鋼エネルギーの付いているポケモンの状態異常を防ぐもの。鋼ポケモンはにげるエネルギーが重く、そう簡単にバトル場を離れられない可能性が高いため役立つ。

コバルオンGXは果たしてハズレ枠なのか?【効果と評価】
2018/10/6 コバルオンに関するQ&Aを追記しました。 コバルオンGX カードテキス...

コバルオンの裁定(Q&A)

コバルオンGX単体

Q: 鋼エネルギーがついている自分のバトルポケモンがどくになっているとき、コバルオンGXを手札からベンチに出した場合、特性「メタルシンボル」の効果がはたらき、自分のバトルポケモンのどくは回復しますか?

A: はい、回復します。

コバルオン・ダゲキ・マーシャドーGX

Q: マーシャドーGXが、特性「シャドーハント」の効果で、トラッシュにあるコバルオンのワザ「ファストガード」を使った次の自分の番、マーシャドーGXは、特性「シャドーハント」の効果で、トラッシュのダゲキのワザ「ファストガード」を使うことができますか?

A: いいえ、できません。

コバルオンGX・ジラーチ

Q: 自分の場に特性「メタルシンボル」がはたらいているコバルオンGXがいるとき、鋼エネルギーがついている自分のジラーチの特性「ねがいぼし」を使うことはできますか?

A: はい、できます。

コバルオンGX・「バンデットガード」フーパ

Q: 相手の場に特性「バンデットガード」がはたらいているフーパがいるとき、自分のコバルオンGXがGXワザ「てつのおきてGX」を使いました。
次の相手の番、相手のフーパはワザを使うことができますか?

A: はい、できます。

コバルオンGX・ウツロイドGX

Q: 自分のウツロイドGXのGXワザ「パラサイトGX」を受けてサイドが8枚になった相手プレイヤーが、サイドを7枚とった後、自分のコバルオンのワザ「リベンジバースト」を使った場合、あたえるダメージはいくつになりますか?

A: 180ダメージになります。
とったサイドの枚数は、60枚デッキであれば、6枚から、現在置かれているサイドの枚数を引いた数で数えるため、この場合、とったサイドの枚数は5枚となり、あたえるダメージは180ダメージになります。

コバルオン・ガラガラ

Q: 相手の場に特性「ようじんぼう」がはたらいているガラガラがいるとき、自分のコバルオンGXがGXワザ「てつのおきてGX」を使いました。
次の相手の番、相手のポケモンはワザを使うことができますか?

A: いいえ、できません。

コバルオンGX・ポケモンレンジャー

Q: 前の自分の番に、自分のコバルオンGXがGXワザ「てつのおきてGX」を使いました。
次の相手の番、相手がサポート「ポケモンレンジャー」を使った場合、相手のポケモンはワザを使うことができますか?

A: はい、できます。

ヒトツキ

カード解説

カード評価 6.0

・「ウツギ博士のレクチャー」対応。しかしにげるエネルギーが2と重い。

・鋼「きりおとす」はコイントス次第だがエネルギートラッシュ。しかし当然のことながらベンチポケモンには無効なため、時間稼ぎとしても心許ない性能。早めの進化を心掛けたい。

ニダンギル

カード解説

カード評価 8.0

・中間進化系だが専用デッキの機運も見えるピーキーなカード。

・無無「どうぐおとし」はポケモンのどうぐさえ場に展開できていれば、「ダブル無色エネルギー」対応で180ダメージを与えることができる。

・コンボパーツとしては2枚までポケモンのどうぐを付けられ、ベンチポケモンの圧縮にもつながる「ゲノセクトGX(SM7a)」や、一気にポケモンのどうぐ加速ができる「デリバード(SM8)」が挙げられる。

・非GX主体の専用デッキとして組まれるケースが稀にある。

ニダンギルの裁定(Q&A)

ニダンギル単体

Q: 自分のニダンギルがワザ「どうぐおとし」を使ったとき、相手の場に「ポケモンのどうぐ」が3枚ある場合、与えるダメージはいくつになりますか?

A: 90ダメージになります。

ニダンギル・ヌケニン

Q: 相手の場に、特性「いのちのうつわ」の効果で「ポケモンのどうぐ」としてヌケニンがついているポケモンがいるとき、自分のニダンギルがワザ「どうぐおとし」を使った場合、与えるダメージはいくつになりますか?

A: 30ダメージになります。

ニダンギル・フラダリラボ

Q: 場にスタジアム「フラダリラボ」が出ていて、自分のポケモンに「ポケモンのどうぐ」が合計4枚ついています。
このとき、自分のニダンギルがワザ「どうぐおとし」を使った場合、与えるダメージはいくつになりますか?

A: 120ダメージになります。

ギルガルド

カード解説

カード評価 7.0

・HP140に加え、特性「ロイヤルガード」によりダメージを大幅に軽減。たねポケモンGXに相当する180打点以上なければ一撃で倒せないため、かなり場持ちがいい。

・しかしワザは貧弱。鋼無無「シールドバッシュ」は効果無視の優秀な性能だが、2進化ポケモンで100打点は釣り合わない。

・このポケモンの真価は進化前の「ニダンギル(SM8a)」と組み合わせることで発揮される。
「どうぐおとし」は少ないエネルギーで180打点近くも与えられる優秀なワザだが、軸として据えるには「ポケモンのどうぐ」と道具を付けるベンチポケモンを展開しなければならないという手間があった。
しかし「メモリーエネルギー」や「ひかるセレビィ(SM3+)」と組み合わせることで「ギルガルド」も「どうぐおとし」を使えるようになり、攻守において万全となる。

・このように「ニダンギル」ありきのポケモンであるため、くれぐれも「ふしぎなアメ」でスキップ進化してしまわないようにしたい

クレッフィ

カード解説

カード評価 5.5

・特性「ないしょのカギ」で鋼ポケモンの抵抗力を増すことができる。

・しかし鋼ポケモンには超抵抗と、「エアームド」「テッカグヤ」の闘抵抗しか存在しない。貴重なデッキスペースやベンチを割いてまで採用する価値があるかというと、現時点ではかなり微妙なところ。

クレッフィの裁定(Q&A)

クレッフィ単体

Q: 自分の場に、特性「ないしょのカギ」がはたらいているクレッフィが2匹いるとき、自分の鋼ポケモン全員の抵抗力は「-80」になりますか?

A: いいえ、「-40」になります。

エムリット・クレッフィ

Q: 相手の場に、特性「せいじゃくのなみ」がはたらいているエムリットがいて、自分の場に特性「ないしょのカギ」がはたらいているクレッフィがいます。

A: このとき、自分の鋼ポケモン全員の抵抗力は「-40」になりますか?
いいえ、抵抗力はすべてなくなります。

ダークオーダー収録グッズ一覧

エレキチャージャー

カード解説

評価 5.5

・強力な雷ポケモン強化カードである「エレキパワー」のリサイクルカード。

・しかし手札ではなくデッキに戻してしまうためサーチの手間がかかるのと、コイントスが必要なのが難点。

エレキチャージャーの裁定(Q&A)

エレキチャージャー・エレキパワー

Q: トラッシュにグッズ「エレキパワー」が1枚しかないとき、グッズ「エレキチャージャー」を使うことはできますか?

A: はい、できます。

エレキパワー

カード解説

評価 8.5

・ダメージを上乗せすることができる雷デッキでは重宝される。重ねがけも可能で、雷デッキでの打点確保のために3~4積みされていることがほとんど。

デンジャラスドリル

カード解説

評価 6.5

・「ザオボー」と似た効果だが、こちらはロストゾーンではなくトラッシュ送り、サポートでない代わりに悪ポケモンをトラッシュするというコストがついている。

・必然的に悪デッキでの採用がメインとなるが、サポート枠を圧縮せずに汎用性の高い展開阻害を行えるのは非常に強力。

・悪ポケモンをトラッシュしなければいけないというコストも、「ゾロアーク(SM8a)」の「ナイトパニッシュ」からすればメリットとなる。

デンジャラスドリルの裁定

デンジャラスドリル単体

Q: グッズ「デンジャラスドリル」を使ったとき、自分の「スタジアム」をトラッシュすることはできますか?

A: はい、できます。

Q: グッズ「デンジャラスドリル」を使ったとき、自分の場の「ポケモンのどうぐ」「特殊エネルギー」をトラッシュすることはできますか?

A: いいえ、できません。

Q: おたがいの場に「ポケモンのどうぐ」「特殊エネルギー」「スタジアム」がないとき、グッズ「デンジャラスドリル」を使うことはできますか?

A: いいえ、できません。

サンダーマウンテン◇・デンジャラスドリル

Q: 場にスタジアム「サンダーマウンテン◇(プリズムスター)」があるとき、グッズ「デンジャラスドリル」を使い、スタジアム「サンダーマウンテン◇(プリズムスター)」をえらぶことはできますか?

A: はい、できます。
その場合、スタジアム「サンダーマウンテン◇(プリズムスター)」はトラッシュできません。

メタルゴーグル

カード解説

評価 7.5

・全体的に防御的な性能を誇る鋼ポケモンの堅牢さを際立てる1枚。

・通常のワザによるダメージに加え、「ギラティナ(SM7b)」等のダメカンばら撒きにも対処できるのが特徴。

・性能としては「鋼鉄のフライパン」に似ているが、あちらが弱点を無効にするのに対しこちらはダメカン乗せに対応。鋼デッキにおける炎ポケモン対策としては「ドータクン(SM8a)」があり、なおかつ基本的に炎ポケモンにしか対応していない「鋼鉄のフライパン」より汎用性が高い。

メタルゴーグルの裁定

のろいのおふだ・メタルゴーグル

Q: 相手のポケモンが使うワザのダメージで、ポケモンのどうぐ「のろいのおふだ」がついている自分の超ポケモンがきぜつしました。
このとき、ポケモンのどうぐ「のろいのおふだ」の効果で、ポケモンのどうぐ「メタルゴーグル」がついている相手の鋼ポケモンにダメカンをのせることはできますか?

A: はい、できます。

ダークオーダー収録サポートカード一覧

クチナシ

クチナシ SR

カード解説

評価 8.5

・すべてのポケモンを対象に、自分のトラッシュの悪タイプのたねポケモンと入れ替える効果。

・しかしダメカン等をすべて受け継ぎ、元のカードはトラッシュしてしまうためアドを稼ぎにくい。ダメカンの多く乗ったポケモンGXを非ポケモンGXと交換して身代わりにしたり、「カプ・テテフGX」や「ツボツボ(SM7a)」など特性を発動した後のポケモンを悪タイプのアタッカーに替えたりといった使い方になるだろう。

・悪タイプのアローラベトベターやゾロアを出せば、即座に進化可能。そのため「ルガゾロ」におけるゾロアークGXの確保や、アローラベトベトン(かがくのちから)を立てる動きにも使われ、CL新潟では優勝する実績を残した。

CL新潟 優勝「ルガゾロ」準優勝「ウルトラネクロズマ」他デッキレシピが公開

・「ナイトユニゾン」の「ゲッコウガ&ゾロアークGX」等、悪をとりまく環境は日々改善されている。今後の活躍も大いに期待できる1枚。

クチナシの裁定(Q&A)

クチナシ単体

Q: 自分のトラッシュにあるカードが0枚のとき、サポート「クチナシ」を使うことはできますか?

A: いいえ、できません。

Q: サポート「クチナシ」を使い、ダメカンが6個のっているバトルポケモンを、トラッシュにあるHPが60の悪タイプのたねポケモンと入れ替えることはできますか?

A: はい、できます。
その場合、出したポケモンはきぜつします。

Q: サポート「クチナシ」を使い、前の番から場に出ているポケモンを、トラッシュの悪タイプのたねポケモンと入れ替えました。
この場合、同じ番の中で、入れ替えたポケモンを進化させることはできますか?

A: はい、できます。

クチナシ・ダークライ◇

Q: サポート「クチナシ」を使い、バトル場のダークライ◇(プリズムスター)を、トラッシュにある悪タイプのたねポケモンと入れ替えることはできますか?

A: はい、できます。
その場合、入れ替えたダークライ◇(プリズムスター)はロストゾーンにおきます。

クチナシ・ヤミラミ

Q: ヤミラミの特性「ほりさげる」を使った後、同じ番の中で、サポート「クチナシ」を使いました。
このとき、特性「ほりさげる」を使ったヤミラミを、トラッシュにあるヤミラミと入れ替えた場合、入れ替えたヤミラミの特性「ほりさげる」を使うことはできますか?

A: いいえ、できません。

ミカン

ミカン SR

カード解説

評価 7.5

・条件を満たすことができれば一気に鋼ポケモンを5枚もサーチできる。

・条件が後攻時の最初のターンのみと非常に限定的であるが、現在のポケモンカードは先攻が優先的に選ばれるため、自分がじゃんけんに勝った場合でも後攻を選ぶことができればカプテテフGXのサーチなどから発動できる機会は非常に多い。

・鋼タイプのみで構成されているデッキであれば採用の余地がある。

・本領発揮は「メルメタルGX」等が登場する「フルメタルウォール」以降か。価格が高騰する可能性もあるため、当たったら嬉しいカード。

・しかし思わぬ形で鋼タイプが追加され、採用されることとなった。

ブラックマーケット プリズムスター

カード解説

評価 8.0

悪エネルギーのついた悪タイプのポケモンが倒された場合にとられるサイドカードを、1枚減らすことができる。

相手の勝利条件を奪うスタジアムカードであるため、悪デッキの切り札となる。しかしスタジアムカードの性質上、相手も対象となるためミラーの対策もしなければならない。

弱点はこのスタジアムに限った話ではないがスタジアムはりかえであっさりと破られる。ブラックマーケットに限った話ではないが、特に現在の環境はプリズムスタースタジアムが強力なため、ほとんどのデッキにスタジアムが2,3枚は採用されている。

また、使ったからといって直接アドバンテージをとれるわけでもない点には注意したい。

ブラックマーケット◇(プリズムスター)のと評価と対策!【ダークオーダー収録】
ブラックマーケット◇の評価! 評価 8.0点 ブラックマーケット◇の効果と解説 ブラックマ...

ブラックマーケット◇の裁定(Q&A)

ブラックマーケット◇単体

Q: 場にスタジアム「ブラックマーケット◇(プリズムスター)」が出ているとき、相手のポケモンが使うワザのダメージで、自分のベンチの悪エネルギーがついている悪ポケモンがきぜつしました。
このとき、スタジアム「ブラックマーケット◇(プリズムスター)」の効果で、相手がとるサイドは1枚少なくなりますか?

A: はい、少なくなります。

シロデスナ・ブラックマーケット◇

Q: 場にスタジアム「ブラックマーケット◇(プリズムスター)」が出ているとき、相手のシロデスナがワザ「さじんのあらし」を使い、自分の悪ポケモンについている悪エネルギーがトラッシュされ、悪ポケモンがきぜつしました。
このとき、スタジアム「ブラックマーケット◇(プリズムスター)」の効果で、相手がとるサイドは1枚少なくなりますか?

A: いいえ、少なくなりません。

アクジキングGX・ブラックマーケット◇

Q: 場にスタジアム「ブラックマーケット◇(プリズムスター)」があるとき、悪エネルギーがついている自分の悪ポケモンが、相手のアクジキングGXのGXワザ「グラトニーGX」を受けてきぜつした場合、相手がとるサイドの枚数はいくつになりますか?

A: 2枚になります。

ギャラドスGX・ブラックマーケット◇

Q: 相手のギャラドスGXがワザ「りゅうのわざわい」を使って、場に出ているスタジアム「ブラックマーケット◇(プリズムスター)」をトラッシュし、自分の悪エネルギーがついている悪ポケモンがワザのダメージを受けてきぜつしました。
この場合、スタジアム「ブラックマーケット◇(プリズムスター)」の効果で、相手がとるサイドは1枚少なくなりますか?

A: いいえ、少なくなりません。

ダークオーダーをAmazon・駿河屋で購入する

タイトルとURLをコピーしました