【ポケカ】ゲンガー&ミミッキュGXデッキ「ゲンミミゾロアーク」

タッグチームGX
スポンサーリンク

ゲンミミゾロアークデッキレシピ

スタジアム (2)
トキワの森2枚
エネルギー (11)
基本超エネルギー9枚
基本水エネルギー2枚

編集可能なデッキレシピはこちら

ラティアス&ラティオスGXデッキをベースにしてゾロアークをサブアタッカーに据え、ゲンガー&ミミッキュGXをメインアタッカーにしたデッキです。なので基本的なカードの解説は少し省略します。ラティラティの記事を先にご確認ください。

ラティアス&ラティオスGXデッキの解説はこちら!

【ラティラティ】ラティアス&ラティオスデッキレシピと使い方を解説!
タッグチーム「ラティアス&ラティオスGX」をメインに使ったデッキレシピと使い方(回し方)をどのサイトより丁寧に解説しています。

あわせて先に、下記のゲンガー&ミミッキュGXについても先に読んでおいてもらうことを前提とした記事になっています。

ゲンガー&ミミッキュGX(タッグチーム)の評価!超超で200ダメージも
ゲンガー&ミミッキュGXのカードテキスト たねポケモン 超タイプ HP240 超超 ポルタ...

ゲンミミゾロアークラティラティの構築経緯

ゾロアークGXはミミゲン対策のカードです。

ミミゲンがあまりに強かったため、ワンパン出来るカードとして採用しました。エネルギーはダブル無色からではなく、カラマネロと手貼りから確保していきます。

ラティラティはピカゼクを読んでワンパンできる要員で1枚採用しました。水エネルギーに割いてでもピカゼクを一撃で倒せる点が強く、採用する価値のあるカードだと感じました。

ゲンミミゾロアークデッキの使い方

環境の読み

環境の読みとしてはピカゼクやゲンガーミミッキュタッグチームと非GXを合わせた構築が多くなると予想しています。

また、ピカゼクに対して負け筋となる可能性が非常に高いカプ・テテフGXを抜いた構築と動きを前提にしています。

理想の動き

  1. 理想のスタートはゲンガー&ミミッキュGXかジラーチです。
  2. 初ターンはリーリエドローかウツギ博士のレクチャーで必要なカードをサーチができるのが理想です。もしくは手札をできるだけ使ってシロナを使います。
  3. 次のターンにスターミーを立てる為にメタモンヒトデマンはベンチに置いておくことは必須です。余裕があればマーイーカも出しておきたいところ。
  4. 次のターンは出来ればスターミーで攻撃したいが、出来ない場合はゲンミミのGXワザを使用します。

超+ ホラーハウスGX
次の相手の番、相手は手札からカードを出して使えない。追加で超エネルギーが1個ついているなら、おたがいのプレイヤーはそれぞれの手札が7枚になるように山札を引く。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

ゲーム中盤の動き

後はポケモンを進化させていき、エネルギーを貼りながらゲンミミやダストダス、ゾロアークGXなどのアタッカーでワンパンしていくのをできるだけ意識します。

出来ないほど巨大なポケモン(ピカゼクなどのタッグチーム)はラティラティで対処します。

この構築の欠点

この構築は明確な弱点としてサイド落ちの可能性で負ける危険がかなりあり、まだ改良が必要なデッキです。なのでここからは実際の環境と照らし合わせて微調整をしていく必要があると思います。

具体的には、ジラーチの枚数やウツギ博士の枚数を2枚にしたいところではあります。

また、ピカゼクを意識してのタッグチームラティラティ採用ですが、ピカゼクが環境に少ない場合は別のカードを採用して別のデッキになると思います。

しかし、たたき台としては十分に公開する意義があると思い投稿をしました。タッグボルト環境の考察の手助けになれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました