Amazonにタッグオールスターズが定価で入荷!
タッグオールスターズをAmazonで購入

ピカチュウ&ゼクロムGX(タッグチーム)の評価と使い方[ピカゼク]

タッグボルト
スポンサーリンク

収録パック:タッグボルト

ピカチュウ&ゼクロムGXのカードテキスト

ピカチュウ&ゼクロムGX たね タッグチーム HP240 雷

ワザ 雷雷雷 フルドライブ 150
自分の山札にある雷エネルギーを3枚まで、自分のポケモン1匹につける。そして山札を切る。

GXワザ
雷雷雷+ タッグボルト GX 200
ワザを使うのに必要なエネルギーより多く、雷エネルギーが3個以上ついているなら、相手のベンチ1匹にも170ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない。対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

弱点 闘
抵抗力 鋼-20
にげる 無無無

特別なルール
タッグチームGXがきぜつしたとき、相手はサイドを3枚とる。

カード評価 8.5

雷タイプの新たなエース

「ピカチュウ&ゼクロムGX」は高いHPと強力な効果を兼ね備えた雷タイプのエース。

ルガルガンGX

HP240は仮に弱点を突かれてもダメ強化されてない「ルガルガンGX(まよなかの姿)」の闘無無「ツメできりさく」ですらギリギリ耐え切ることができるHPである。

つまり、弱点をつかない限り現環境のデッキのカードたちでは軒並み倒すのは困難である。

ワザ「フルドライブ」でエネ加速

次にワザ雷雷雷「フルドライブ」は150のダメージを与えつつ、自分のポケモン1匹に雷エネルギーを3枚まで付けることができる。

ワザの条件となるエネルギーの枚数が重いものの一度準備を整えてしまえば、毎ターン、アタッカーの準備ができる。

ピカゼクのGXワザ タッグボルトGXが超強力

GXワザ雷雷雷+「タッグボルトGX」は200ダメをバトル場のポケモンに当て、エネルギーが追加で3個付いているならベンチのポケモンにも170ダメを与える。

GXワザはバトル場のGXたねポケモンならほぼ確実に気絶に追い込め、ベンチへの攻撃ですら「カプ・テテフGX」を一撃で気絶させる

つまり、GXワザで一気にサイドを4枚以上取ることも可能な凶悪なワザである。

問題はエネルギーの必要数

現在の環境は「ルガゾロ」や「ジラーチサンダー」などで特徴がエネルギー1枚で実質高打点クラスの中打点を与えながらポケモンを気絶させていく高速環境となっている。

「ピカチュウ&ゼクロムGX」は確かに高いHPを誇る。

しかし普通に手札からエネルギーを張っているだけでは「ゾロアークGX」のワザ無無「ライオットビート」の最大打点120点を2回受けるだけで気絶してしまい、技を使えるエネルギーを付けるのに間に合わない。

また、GXワザも追加効果のベンチアタックも行いたい場合、エネルギーが6個必要となる。

ワザ 雷雷雷 フルドライブ 150
自分の山札にある雷エネルギーを3枚まで、自分のポケモン1匹につける。そして山札を切る。

自身のワザ「フルドライブ」でエネルギーを一気に3つ付けれるのでワザさえ使えればGXワザも使用できる。

ピカゼクデッキを使うのであれば雷エネルギー3つをつけることを目標にゲーム序盤は動いていこう。

ピカゼクと相性のいいカード

エネルギーを付けれるポケモンとして「カプ・コケコ◇」、「ライコウ」、「クワガノン」、「ジバコイル」が挙げられる。

カプ・コケコ◇

カプ・コケコ◇はプリズムスターカードなので1枚しかデッキにいれることができないが、たねポケモンであり強力な効果を持っている。ぜひとも採用したい。

サンダーマウンテン◇

エネルギーを増やせるわけではないが、「サンダーマウンテン◇」もワザを使う速度を上げれるので疑似的なエネ加速となり有効である。

ピカチュウ&ゼクロムGXデッキにはぜひ採用したい一枚である。

ピカチュウ&ゼクロムの対策

たねポケモンとしてみれば既に2進化系GXポケモンのHPを既に超えているので破格である。しかし闘タイプに弱点をつかれる点が非常に厳しい。

逆に言えば、闘タイプのカードで対策ができるといえる。

ディアンシー◇

しかし、弱点が「闘」なのが問題で「ルガルガンGX」の打点を素なら耐えれるが「ディアンシー◇」1体がベンチに居るだけで簡単に突破できてしまう。

マッシブーンGX

また、環境には「マッシブーンGX」の存在もある。

こちらは「ディアンシー◇」に「ビーストリング◇」、「こだわりハチマキ」、「ククイ博士」を合わせるだけでたったエネルギー1枚でピカチュウ&ゼクロムを落とすことができる。

マッシブーン(通称子マッシ・小マッシ)

もっとも環境で注意するカードは非GXマッシブーンだろう。このカードはサイド枚数の条件が一致してしまうとスレッジハンマーでワンパンされてしまう。

マッシブーンを使うデッキの中にはGX入れないでサイドレース有利にするタイプのデッキもあるためサイド条件も満たされやすいですしね。

じゃくてんほけんの採用

ピカチュウ&ゼクロムを使う側はこれを補うために「じゃくてんほけん」の採用が考えられる。

じゃくてんほけん

弱点さえ突かれなければ、そう易易と一撃で落とされることはないため、安定性が飛躍するだろう。

ピカチュウ&ゼクロムGXデッキ

ピカゼクはここまで進化した!ジラサン・ピカチュウ&ゼクロムGXデッキ
ジラーチサンダーとピカゼクのハイブリットデッキ!? タッグオールスターズ発売にまでに、ピカゼクデッ...

タッグボルト収録の他のカードを見る

【ポケカ】タッグボルト 全カードリスト一覧&評価[SM9]
ポケカ最新弾タッグボルトの収録カードリストと各カードごとの評価を解説しています。
タイトルとURLをコピーしました