マッシルガゾロはもう古い!?ゾロマッシジラーチ&ウソッキーデッキ!

デッキレシピ
スポンサーリンク

改良版を掲載しました!

【改良版】ゾロマッシジラーチデッキレシピと使い方を徹底解説!
ゾロマッシジラーチデッキレシピ 編集可能なデッキリストはこちら ポケモン...

ゾロマッシジラーチ+ウソッキーのデッキレシピ

改良版との違いはウソッキーを採用することでメタ要素を強くしています。
また、改良版のほうがジラーチの枚数を多めにして使いやすくしています。

エネルギー (16)
基本闘エネルギー11枚
ダブル無色エネルギー4枚
ビーストエネルギー1枚

ゾロマッシジラーチの基本コンセプト

今回ご紹介するのは、一見新しいコンセプトのデッキに見えますが、2種類の既存の強デッキのハイブリッドです

1つ目は「マッシルガゾロ」。闘ポケモンGXの単体性能と、ゾロアークGXのドローソースと中量級アタッカーとしての遊撃性に着目した、汎用性が高い根強い人気のあるデッキです

404 NOT FOUND | ポケカ速報 ポケカタクティクス!
ポケモンカードの最新情報をまとめ発信するゲーミングメディア。

2つ目は「ジラーチサンダー」。抜群のサーチ性能を持つジラーチの特性「ねがいぼし」のデメリットを、「エスケープボード」によって回避しつつ、サンダーのワザ「アサルトサンダー」のパワーアップ条件につなげるデッキです

【ポケカ】ジラーチサンダー(サンダージラーチ)のデッキレシピ&解説!
ジラーチサンダー(サンダージラーチ)デッキレシピ! ポケモン (16) ...

なるほど……いいとこどりなデッキというわけですか? でもそういうコンセプトって中途半端になりやすいような……?

両方のデッキの強み・弱みをきちんと把握すれば、想像以上にシナジーの強いデッキだということが判明しました。

マッシルガゾロの強み・弱み

「マッシルガゾロ」といえば、どちらかというとゾロアークGXに真夜中ルガルガンGXを組み合わせた1進化GX主体の「ルガゾロ」に、マッシブーン2種が入っているという感じです。

ルガルガンGXの特性「ブラッディアイ」で対面を操作しつつ、ゾロアークGXの「ライオットビート」で落としてゆくイメージですね!

中盤(相手のサイドが3-4枚)以降、盤面が出来上がり始めたころからのビートとしてマッシブーンGXを「ビーストリング」込みで加速させたり、通常マッシブーン(通称「小マッシ」)の1エネ120打点を狙っていったりします。

闘ポケモンなので「ディアンシー プリズムスター」の対象になりますし、ウルトラビーストなため「ビーストエネルギー」も使えます。パワーアップ手段が豊富なため、「ライオットビート」で落としきれないラインを攻めるのに重宝しますね!

弱点はルガゾロラインが共に1進化ポケモンであるため、進化前が打たれ弱いことです。そのため、環境メタとして速攻60打点以上でイワンコやゾロアを狙い撃つデッキが登場しました

ジラーチサンダーの強み・弱み

「ジラーチサンダー」はそうしたルガゾロの弱点を的確に突くデッキとして誕生しました

現環境最速の1エネ80打点を出せる「サンダー」と、その発動条件を満たしつつ「グズマ」等の対面操作、あるいは「こだわりハチマキ」「エレキパワー」等のパワーアップ手段を確保できる「ジラーチ」+「エスケープボード」のコンボに着目したデッキです

【AD】ジラーチ(ダークオーダー)を駿河屋で購入する

非常に強力なデッキですが、「サンダー」の打点が80止まりなため、たねポケモンGXやもう既に立ってしまった進化ポケモン相手には不利をとりやすく、序盤で波に乗れなかった場合きつい面が目立ちます

ゾロマッシジラーチは、中盤以降の爆発力を重視

「ゾロマッシジラーチ」は、序盤の爆発力こそサンダーに負けますが、マッシブーンGXのワザ「ナックルインパクト」の160打点により、中盤以降も力負けしないようになっています

更に「マッシブーンGX」のたねポケモンGXとして非常に高い単体性能を念頭に、デッキスペースを圧迫しやすくひ弱なたねポケモンを用意しなければならない「ルガルガンGX」ラインを丸ごとカットする方向性でまとめてみました

そういえばマッシブーン・ゾロアーク入りデッキって、常にルガルガンと一緒にいたイメージがありますね

おそらくマッシブーンGXの登場以前から「ルガゾロ」という並びが存在していた所為でしょう。本来、特性「ブラッディアイ」のベンチ引きずり出しと「ジェットパンチ」のベンチ狙撃はそこまで相性が良くないはずなんですけどね。先入観が働いていたのかもしれません

「マッシブーンGX」のワザ「ナックルインパクト」は重量版「アサルトサンダー」ともいえる性能です。パワーアップ手段で容易にテテフGX等の170ライン、あるいは相手のマッシブーンGXの190ラインまで狙えるようになっており、尚且つ環境には闘弱点のポケモンが非常に多いですので、ルガゾロのメタにも強いゾロアーク軸とも言えます

ゾロマッシジラーチとデッキ圧縮

このデッキの展開は主に序盤と中盤以降の2つに分けることができます

序盤は「ジラーチ」「ゾロアークGX」を立てることを念頭に、無駄なカードをデッキからなくす方向性で動きます。所謂「デッキ圧縮」ですね

「シロナ」「リーリエ」「ネストボール」「ハイパーボール」「カプ・テテフGX」「せせらぎのおか」……あらゆるカードがデッキの圧縮に役立っていますね

デッキ圧縮のための密かな重要カード「ポケモンいれかえ」

このデッキレシピで一番目立つところって、「ポケモンいれかえ」が4枚入っていることでしょうか。「エスケープボード」の2枚と比べて非常に多く見えます

あらゆるスタートデッキに封入されているため、甘く見られがちなカードですが実は非常に優秀な点があります。それは「連発が利くこと

もちろんジラーチが特性「ねがいぼし」で眠ってしまった際にも使えますが、ベンチに引き先がいる限り手軽に好きなタイミングで使えるグッズだということです

これにより、このデッキは実質56枚で回せるデッキとなっています。「シロナ」や特性「とりひき」で必要カードだけを手札に揃えられる確率が上がり、またジラーチの特性「ねがいぼし」の精度も上げられます

 

デッキ圧縮については「ホワイトキュレム」や「ハピナス」デッキで有名なチャイナスリスさんも非常に重要視してらっしゃいましたね

カードゲームの一番の不確定要素「運」を極力排せるのは、非常に強力!

なぜマグカルゴではなくゾロアークGXを採用?

一つ疑問があります!なぜ同じ1進化ポケモンであり、ジラーチと相性が良いことで知られているマグカルゴではなくゾロアークGXを優先して採用しているのですか?

マグカルゴは試してみました。確かにジラーチの特性を確実なものにしますが、置物状態になることが多く、またアタッカー性能としては微妙な点が目立ちました。

このデッキでゾロアークGXをマグカルゴにしたデッキを使っていたところアタッカーになりうるポケモンが居なくなってしまう問題が発生しました。

そのため、確実性よりもハンドで引ける量とアタッカーを増やすことを重視してゾロアークGXを優先して採用しています。

ではこのデッキのサポート減らしてマグカルゴとメタモンを増やすのはダメなのですか?

メタモンはグズマに弱くしてしまうので…マグカルゴ進化セットまで入れると事故率がむしろ上がるんです。

マグマッグからマグカルゴに進化してるだけで1ターン遅くなりますし、ベンチも枠が無くなってしまう点を考慮して今回は採用していません。

ゾロマッシジラーチの回し方

序盤はとにかくデッキ圧縮に専念します

次に1体目のゾロアークGXで盤面を整えつつサイドレースをしかけたり、あるいはジラーチを盾にしたりすることで、相手のサイドが3-4枚になるまでプレイします

「ビーストリング」や小マッシのトリガーにするんですね!

一度エネルギーのついてしまったマッシブーンGXは高火力ワザをボンボン連発できるようになります。「ポケモンいれかえ」や「エスケープボード」は、マッシブーンGXのワザ「ナックルインパクト」のデメリット回避にも使えるので、序盤から終盤まで腐るカードが少ないのが特徴です

ウソッキー(みちをふさぐ)で展開を阻害する

このデッキにはちょっと変わったカードが入っていますね……「ウソッキー」(SM1+, SM4+, SM8b)

特性「みちをふさぐ」でお互いのベンチを圧迫できますが(こちらにはウソッキー自身がいるため)……こうした置物となりやすいカードは、サイドレースで敬遠される傾向があると思うのですがどうでしょう

ウソッキーはミラーなどにも強くなるカードです。先攻でウソッキーをベンチに置ければ、相手は展開できなくなります。

また、ウソッキーを置くことでゾロアークGXのライオットビートの威力を下げることができるのです。これがウソッキーを採用することでミラーに強くなるゆえんです。

カプ・テテフGXで展開しようとしたり、「ディアンシー プリズムスター」を置いてしまうと相手は2匹目以降のGXポケモンを用意できません。バトル場にいるポケモンが倒されると、後続のアタッカーが存在しないという状態に持ってゆくことができます

更に「ウソッキー」は壁としての役割もできますね。もし相手がウソッキーを狙おうとすると、相手はどうしても自分の番の最後までウソッキーの「みちをふさぐ」が発動している状態になります。

 

ウソッキーを倒した次のターン、相手は自由に動けることになりますし、とられるサイドも1枚だけ。「ビーストリング」を狙えるチャンスは減りません。

なるほど……「ポケモンいれかえ」が沢山入っているのも、事故率を下げる要因になっていますね

【AD】ウソッキーを駿河屋で購入する

ゾロマッシジラーチデッキのまとめ

「マッシルガゾロ」と「ジラーチサンダー」のハイブリッド!

序盤のデッキ圧縮と中盤以降の爆発力を意識♪ 「ポケモンいれかえ」や「エスケープボード」で、どのタイミングでも無駄がなく!

特性「みちをふさぐ」の「ウソッキー」は隠れた強カード! 相手の戦線を維持させにくくします

タイトルとURLをコピーしました