【ポケカ】ラニュイ(バトルシャトレーヌ)の評価!新たな汎用サポートカード

ウルトラシャイニー
スポンサーリンク

収録パック:GXウルトラシャイニー

ラニュイのカードテキスト

サポート
このカードは、相手のバトル場にたねポケモンがいなければ使えない。

相手のバトルポケモンについているエネルギーを1個、相手の山札の上にもどす。

サポートは、自分の番に1枚しか使えない。

ラニュイのカード解説

カード評価 7.5

今後の戦略を変える可能性に満ちた妨害カード

バトルシャトレーヌのひとりである「ラニュイ」はバトル場にたねポケモンがいないと使えないデメリットを持つ代わりにバトル場のポケモンに付いているエネルギーを1枚デッキの一番上に置く効果を持つ。

使用するための条件が他のバトルシャトレーヌと比べて緩いのが特徴。ポケモンカードでたねポケモンは必ずデッキに入っているからである。

そして、このカードを使う一番の機会は後攻1ターン目である

最初のターンは先攻後攻関係なく、ポケモンを進化させることは出来ないので必ずたねポケモンがいる。

仮に、相手がバトル場のポケモンにエネルギーを付けた場合、「ラニュイ」が手札にあれば、そのエネルギーを確実にデッキトップに送ることが出来る。

これは実質先攻の有利性である盤面準備と攻撃準備を同時に阻害し、状況によっては次のターンの行動がほとんど何も出来なくさせる可能性がある。

つまり、今後は先攻側はバトル場のポケモンを逃げるエネ0のポケモンにして、最初の番はベンチの次のターンワザを使いたいポケモンにエネルギーを付けるプレイングをするよう意識しなければならないだろう。

類似カード「プルメリ」と「あとだしハンマー」と比較して

プルメリ

あとだしハンマー

類似カードとして挙げられるのが「プルメリ」と「あとだしハンマー」である。

「プルメリ」は手札コストがかかるが、バトル場問わず、エネルギーをトラッシュに置けるので相手のワザの使用を阻害出来る点で勝っている。

対して「ラニュイ」は受動的だがノーコストで使え、ワザの阻害はエネルギーをデッキトップに送るため低い。

しかし、そのかわりラニュイは相手の展開や有利にするための阻害カードの使用(グズマやフィールドブロアー等)出来る確率をデッキからの1ドロー分下げる点が大きく異なる。

「あとだしハンマー」は「ラニュイ」が一番使いたいタイミングがかぶり、エネルギーをトラッシュに置けるので、ワザの阻害に大きく貢献できる。また、グッズのためサポートでの展開も可能になる。

しかし、そもそも、条件が満たせればいつでも使える「ラニュイ」と違い、後攻の最初の番限定のためあまりにも使用機会が少なすぎる。

これらの違いを理解した上で使用を吟味したい。

後攻1ターン目以外に使う機会はあるか

後攻1ターン目以外での使う場面はプレイングが要求される。デッキロックではあるが、エネルギーを相手に引かせるのため結果的には相手のワザを阻害できないことのほうが多くなるためである。

ラニュイのみで使える場面としては、

・バトル場のポケモンのエネルギーをデッキトップに戻してから
・バトル場のポケモンをきぜつさせることで
・相手にとって次に出したいベンチのポケモンがデッキトップに送られたエネルギーとタイプが合わず使えない

という機会程度となるだろう。

ルガルガンGX(たそがれのすがた)

後は「ルガルガンGX(たそがれのすがた)」と一緒に使用することでワザを使えなくするといったコンボが考えられる。

いずれにしても、使えない場面では素直に「ハイパーボール」のコストや「ルミタン」のパーツとして使っていくのが良いだろう。

関連記事(バトルシャトレーヌ)

【ポケカ】バトルシャトレーヌデッキを解説!(ルミタン・ルスワール・ラジュルネ・ラニュイ)
癖があるがロマン!バトルシャトレーヌとは 今回はバトルシャトレーヌを使いた...
【ポケカ】ルミタン(バトルシャトレーヌ)の効果と評価!相性のいいカードを徹底解説!
バトルシャトレーヌ ルミタンのカードテキスト 収録パック:GXウルトラシャイニー このカードは、...
タイトルとURLをコピーしました