【ポケカ】ワンダーラビリンス・ライブラリアウトデッキ!黄昏ルガルガンGX採用

ウルトラシャイニー
スポンサーリンク

ワンダーラビリンスLOデッキレシピ

ポケモン (13)
レジアイス
SM7 031/096
4枚
イワンコ
SMH 060/131
4枚
ルガルガンGX
SM8b 061/150
4枚
ケララッパ
SM8 075/095
1枚
グッズ (15)
まんたんのくすり4枚
ハイパーボール4枚
ポケモンいれかえ1枚
レスキュータンカ1枚
ロトム図鑑1枚
改造ハンマー4枚
サポート (29)
プルメリ4枚
スカル団のしたっぱ4枚
シロナ4枚
やまおとこ4枚
アセロラ1枚
フウとラン4枚
マーズ4枚
グラジオ1枚
リーリエ1枚
ウツギ博士のレクチャー1枚
ルチア1枚
スタジアム (3)
ワンダーラビリンス1枚
せせらぎの丘2枚

ウルトラシャイニー[SM8b]の新カードを使用したデッキ

11月発売予定の「ウルトラシャイニー(SM8b)」で先行発表されたカードを主軸としたデッキを組んでみました。環境に先んじた一草案として読んでいただけると幸いです。

様々な超強力カードが再録される「ウルトラシャイニー」ですが、新規カードも存在するんですよね。10/12の更新で発表されたのが、「ルガルガンGX(たそがれのすがた)」と「ワンダーラビリンス プリズムスター」でした

【ポケカ】ワンダーラビリンス◇(プリズムスター)の評価!GXウルトラシャイニー収録
ワンダーラビリンス◇(プリズムスター) カードテキスト【ポケモンカード】 おたがいの場のポケモン(...
【黄昏】ルガルガンGX(黄昏の姿)の評価!GXウルトラシャイニー収録
黄昏ルガルガンGX(ウルトラシャイニー)のカードテキスト HP 200 タイプ 闘 特性 ト...

黄昏ルガルガンの性能を簡単に説明すると「進化時発動特性によるエネトラッシュ」、「ワンダーラビリンス プリズムスター」はフェアリー以外のポケモンのワザを使うのに必要なエネルギーを1つ水増しする効果です

いずれも妨害に特化した性能であり、着目したのがライブラリアウト戦法です。

ライブラリアウトとは? 相手の山札切れで特殊勝利を狙う戦法!

ライブラリアウト……?

トレーディングカードゲームにおける特殊勝利方法の一つです

ポケモンカードゲームも例外ではなく、相手のポケモンを倒しサイドを取りきる以外にも、相手の山札を枯渇させ、ターン開始時のドローが不可能になるとこちら側の勝利が確定します

つまりライブラリアウトを積極的に狙うなら、相手のポケモンとタイマン勝負をする必要はない。言い換えればエネルギーを使ってこちらがワザを使う必要性すら少なくなるということです

なるほど……! だからこのデッキにはエネルギーカードが1枚も入っていないのですね!

スタジアムをロックする:ワンダーラビリンス プリズムスター+レジアイス

ワンダーラビリンス プリズムスター

【ポケカ】ワンダーラビリンス◇(プリズムスター)の評価!GXウルトラシャイニー収録
ワンダーラビリンス◇(プリズムスター) カードテキスト【ポケモンカード】 おたがいの場のポケモン(...

まず「ワンダーラビリンス プリズムスター」から解説します

このスタジアムは無条件に、お互いのフェアリータイプ以外のポケモンが技を使うのに必要なエネルギーを増やします。つまりワザを使うのに必要なターンが1ターン以上伸びやすいということですね

プリズムスタースタジアムは「ブラックマーケット」「ヒートファクトリー」「サンダーマウンテン」等いずれも強力ですが、張り替えられやすいのが難点ですよね……

その問題点を解消するのが「レジアイス(SM7)」です

レジアイス(SM7)

「レジアイス(SM7)」の特性「こおりのけっかい」はスタジアムの張替えを防ぐ効果ですが、バトル場でしか効力を発揮しないこと、またレジアイス自体にアタッカー性能が乏しいため、あまり採用されることのないカードでした

一見フェアリー強化のスタジアムのようにもみえますが、「ブラックマーケット」等とは異なり、「ワンダーラビリンス」は該当タイプ以外のポケモンにも効果が適用されます

つまり「レジアイス」が最初からワザを使わなければ、実質ノーデメリットで相手の行動だけを阻害することができるのです

なるほど! 置物になりやすい「レジアイス」ですが、最初からバトル場を離れることを考えなければいいですもんね

エネルギーをトラッシュする:ルガルガンGX(たそがれのすがた)+プルメリ+スカル団のしたっぱ

しかしいくら「ワンダーラビリンス」の効果でワザを使うのに必要なエネルギーを増やしたとはいえ、相手は1ターンに1枚ずつ手札からエネルギーをつけられます

つまりこちらは相手の手札からのエネルギー付け、エネ加速に上回る速度でエネルギーをトラッシュしなければロックが成功しません

そこで活躍するのが同じく新登場の「ルガルガンGX(たそがれのすがた)」と「プルメリ」「スカル団のしたっぱ」ですね!

ルガルガンGX(たそがれのすがた)

特性「トワイライトアイ」で進化した際に相手のバトルポケモンのエネルギーをトラッシュ♪

プルメリ

「プルメリ」は手札コストが重いものの、ルガルガンGXと同じ効果を発動できます

スカル団のしたっぱ

「ルガルガンGX」「プルメリ」は相手のバトル場のポケモンにしか効果を発揮しませんが、「スカル団のしたっぱ」なら相手の手札からエネルギーをトラッシュできるため、ベンチポケモンを育てられる心配もありません

これらのカードはいずれもエネルギーの手張りを著しく制限しますが、これでもポケカ特有の豊富なドローソースによる強引な加速には対処しきれません。そこで今度は相手の手札に必要なカードが来ない対策を講じる必要があります

手札を制限する:やまおとこ+マーズ

やまおとこ

マーズ

普通のデッキではあまり採用されることのないカードですが、「やまおとこ」は相手のドローをコントロールし、「マーズ」はこちらがドローをしつつ相手をハンデスすることができます

サイド落ちを防ぐ:グラジオ

グラジオ

いずれにせよ「ワンダーラビリンス プリズムスター」の性能に依存したデッキではあるので、素早くスタジアムを手札に持ってこれる「ルザミーネ」等の手段は必要です

しかしそれにも増して難しいのが、「ワンダーラビリンス」がサイド落ちしてしまった場合です

プリズムスターカードはデッキに1枚しか入れられませんからね

「グラジオ」を使えば、サイド落ちしたカードを確認しつつ「ワンダーラビリンス」をスムーズに手札に持ってくることができます

「ウツギ博士のレクチャー」や「ハイパーボール」で、何がサイド落ちしてしまっているかいち早く確認するのが重要ですね

まとめ

エネルギーが一切入っていない、つまりワザを使うことができない等かなり特殊な動きをするデッキですが、その分唯一無二の刺さり方をするデッキです

ダークオーダー環境は比較的エネルギーの重いポケモンが多そうでしたから、こうした特殊勝利系のデッキはかなり悪さができそうです♪

ただその分、回し方や必要なサポートを必要なタイミングで使う見極めはとても重要ですので、充分練習したうえでご使用ください

タイトルとURLをコピーしました