オルタージェネシスがAmazonで定価以下で購入可能!
オルタージェネシスを4,440円 (税込)で購入する

【ポケカデッキレシピ】元祖「ホワイトキュレム(SM7a)」トリニティスター!

デッキレシピ
スポンサーリンク

デッキレシピ [オリジナル版]

ポケモン (9)
ホワイトキュレム
SM7a 021/060
4枚
カプ・コケコ
SM2p 021/049
2枚
フェローチェ
SM6 009/094
2枚
アルセウス
SM5p 037/050
1枚
グッズ (25)
アクアパッチ4枚
ネストボール4枚
おとりよせパッド4枚
ダートじてんしゃ4枚
ハイパーボール2枚
ポケモンいれかえ2枚
ビーストリング1枚
こだわりハチマキ3枚
ねがいのバトン1枚
サポート (10)
シロナ4枚
かんこうきゃく2枚
TVレポーター1枚
リーリエ1枚
ククイ博士1枚
グズマ1枚
スタジアム (2)
戒めの祠2枚
エネルギー (14)
ユニットエネルギー草炎水4枚
基本水エネルギー8枚
基本草エネルギー1枚
基本炎エネルギー1枚

解説

今日ご紹介するのは、環境に激震をもたらしたといえる、チャイナスリスさんさんの元祖「ホワイトキュレム(SM7a)」デッキです

チャイナスリスさんは2018年7月以降にジムバトルを複数回、ホワイトキュレムデッキで優勝されています。ご本人のご承諾のもと紹介させていただきます

チャイナスリスさん、ありがとうございます!

細かいところのチューニングが、こうしたカードゲームでは物を言いますからね。

基本的なコンセプトは、比較的ゆるい発動条件で3エネ160打点を出せる非GXポケモン「ホワイトキュレム(SM7a)」と相性の良い「ユニットエネルギー草炎水」、「ユニットエネルギー草炎水」適応の「フェローチェ」。更に強力なエネ加速を持つ「アルセウス◇(SM5p)」と、その発動条件に必要な雷ポケモンとして「カプ・コケコ(SM2p)」を加えたものとなっています

私たちのデッキでは「ゼブライカ(SM7a)」が雷枠でしたね

「ゼブライカ(SM7a)」はそれはそれで強力なドローソースでしたが、進化ポケモンである以上デッキを圧迫している感は否めませんでした。こちらの「元祖ホワイトキュレムデッキ」は、その無駄を極限まで切り詰めた形といえますね

その特徴として、デッキ内のポケモンの枚数の少なさと、グッズの多さが挙げられます。ゼブライカ入りではポケモン13枚グッズ17枚だったのに対し、こちらはポケモン9枚グッズ25枚となっております。

「アクアパッチ」「ネストボール」「おとりよせパッド」「ダートじてんしゃ」がいずれも4積みですね。「ハイパーボール」の枚数が控えめになっているのに注目です。

進化ポケモンが一切いないですからね。サーチした後かならずベンチに出さなくてはならないという違いはありますが、このデッキのたねポケモンは全てがアタッカーを兼ね備えた単体性能のたかいもの。ゆっくりとベンチを育て上げる必要がないんです

あとは「ねがいのバトン」で後続のアタッカーにつないだり、「戒めの祠」「こだわりハチマキ」「ククイ博士」とあらゆる方法で打点をあげています

なお展開の生命線は「アルセウス◇(SM5p)」だそうです。真っ先に「トリニティスター」を使えるように準備しましょう。万が一「アルセウス◇(SM5p)」がサイドに落ちてしまった場合は、なんとか「ホワイトキュレム(SM7a)」で相手のGXポケモンを倒し、サイドを2枚取りに行きましょう

ちなみにチャイナスリスさんは、少しバランスを変えたデッキでも全勝優勝されています。そちらのデッキレシピも掲載させていただきますので、ご参考までに!



デッキレシピ [改訂版]

ポケモン (9)
ホワイトキュレム
SM7a 021/060
4枚
カプ・コケコ
SM2p 021/049
2枚
フェローチェ
SM6 009/094
2枚
アルセウス
SM5p 037/050
1枚
グッズ (22) -3
アクアパッチ4枚
ネストボール4枚
おとりよせパッド2枚(-2)
ダートじてんしゃ4枚
ハイパーボール3枚(+1)
ポケモンいれかえ1枚(-1)
ビーストリング0枚(-1)
こだわりハチマキ3枚
ねがいのバトン1枚
サポート (13) +3
シロナ4枚
かんこうきゃく1枚(-1)
TVレポーター3枚(+2)
リーリエ2枚(+1)
ククイ博士1枚
グズマ2枚(+1)
スタジアム (3) +1
戒めの祠3枚(+1)
エネルギー (13) -1
ユニットエネルギー草炎水3枚(-1)
基本水エネルギー8枚
基本草エネルギー0枚(-1)
基本炎エネルギー2枚(+1)

 

「基本草エネルギー」「ビーストリング」を抜いたことで「フェローチェ(SM6)」はワザ「ホワイトレイ」をほぼ使えなくなり、ワザ「とびひざげり」と逃げる0を活かして立ち回ることになります

「おとりよせパッド」は「アクアパッチ」「ポケモンいれかえ」「ネストボール」等を状況に応じてサーチできますが、運に左右されやすいので枚数減。「TVリポーター」と「かんこうきゃく」は似たような性能ですが、チャイナスリスさんは「TVリポーター」のほうが回しやすいと感じられたようです

「戒めの祠」は、上書きされやすいスタジアムですので1枚増ですね

まとめ

使用者急増! GXポケモンメタの「ホワイトキュレム(SM7a)」デッキの元祖、チャイナスリスさんのデッキ♪

極限まで無駄をそぎ落とし、デッキを圧縮! 常に有利なサイドレースを維持!

グッズやサポートの調整がポケカではとても重要。採用理由を考察したり、試運転をしたりしてレベルアップ♪

タイトルとURLをコピーしました